ウルルのエアーズロックが2019年から登山禁止に!その理由とは?

オーストラリアといえば様々な観光地がありますが、その中でも有名な観光地とされている場所に「エアーズロック」があります。ワーホリでオーストラリアを訪れている方も、エアーズロックに行きたい、または行ったことがあるという方も多いのではないでしょうか?

2017年の11月1日に、2019年の10月26日よりこのエアーズロックを登山禁止にする。という発表がウルル・カタ・ジュタ国立公園よりありました

参照: https://www.environment.gov.au/mediarelease/uluru-climb-close

エアーズロック(ウルル)とは

エアーズロックで知られるウルルは、オーストラリアの中央部に位置しており、映画「世界の中心で愛を叫ぶ」でも有名になった場所です。

wikipediaによると、

ウルル (Uluru) はオーストラリア大陸にある世界で2番目に大きい一枚岩である。ウルルは先住民であるアボリジニによる呼び名(ピチャンチャチャラ語(英語版))で、イギリスの探検家によって名付けられたエアーズロック(英: Ayers Rock)も広く知られた名称である。
「エアーズロック」という名称は1873年、イギリスの探検家ウィリアム・ゴスが探検行の途中で発見し、当時の南オーストラリア植民地首相、ヘンリー・エアーズにちなんで名づけたものである。
1987年にユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%AB

エアーズロックは観光客はもちろん、ワーホリでオーストラリアを訪れている人達も、ワーホリの思い出にと足を運ぶことが多いと言われています。

エアーズロックに登れなくなるのは2019年から

エアーズロックを管理しているウルル・カタ・ジュタ国立公園の発表で、エアーズロックへの登山禁止は2019年の10月26日からと決定されました。

登山禁止が決定する議会では、登山禁止に対して、満場一致だったそうです。この協議会の会長で、先住民のサミーウィルソン氏は

「もし私が海外に旅行し、神聖な場所だとの理由からアクセス権限が求められるならば、私はそれを尊重し、そこに入りません」などとコメントした。

出典:http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/01/uluru_a_23262921/

エアーズロックを登山禁止にした理由



エアーズロックは、一般の人たちからしたらただの大きな岩かもしれません。しかし、オーストラリアの先住民、アボリジナル(アボリジニ)にとっては神聖な「聖地」なのです。このことから、以前よりエアーズロックへの登山は避けるべきだと言われてきました。

エアーズロックは、観光に訪れても登山する人が観光客全体の2割を切った場合に、登山を禁止できるとされていました。当時で38%ほどの観光客が登山をしていたとされていますが、最近では16%に低下したことから、ついにエアーズロックへの登山が禁止されたのです。

残り2年だからといってむやみに登らないようにしよう

アボジリナルにとって聖地とされているエアーズロック、「後2年したら登れなくなるから今のうちに登っておこう!」という安易な考えはしないように、できればウルルを訪れても、下から眺めるだけにしておくことをお勧めします

【関連記事】

移民の国といわれるオーストラリアは、様々な文化や習慣があります。 この記事を読んでオーストラリアという国を理解し、ワーキングホリデーや留学はも...

関連記事

【オーストラリア】ケアンズのシェアハウスの探し方と実情とは

シドニーのクリスマスイベント2018まとめ

オーストラリアのシドニーでオススメのバッパー・安宿を紹介します

【スタンソープ】リンゴの街でおいしいアップルパイのお店を紹介

【オーストラリアのサマータイム2019】日本との時差は?いつから?

【セカンドビザ】オーストラリアにもう1年滞在できるビザの取り方