【オーストラリアのクレジットカード】おすすめ・手数料・使い方など

ワーキングホリデーや留学、旅行などでオーストラリアに行く際にはクレジットカードまたはデビットカードが必ず必要です。

また、オーストラリアのクレジットカード事情は日本と違う点もあるため、オーストラリアに行く前に事前知識として知っておくと良いでしょう。

この記事では、オーストラリアで利用する『おすすめのクレジットカード』『使えない場所』『使い方』『キャッシング方法』などを解説していきます!

ワーホリGO

ワーホリGO
オーストラリアに1年間住んでいた僕が、オーストラリアのクレジットカード事情について解説します。
ワーホリ(ワーキングホリデー)に行くことを決めたのなら、必ず準備をしなければならないものがあります。 それが『クレジットカード』です。 ...

目次

オーストラリアではクレジットカードが必ず必要!

オーストラリアに行く際には、必ずクレジットカードが必要になります。

その理由は以下の3つです。

  1. ビザ申請料金の支払いにクレジットカードが必要
  2. ホテルの予約にデポジットが必要な場合がある
  3. レンタカーを借りる場合はクレジットカードが必要

それぞれ解説していきます。

ビザ申請料金の支払いにクレジットカードが必要

オーストラリアに行く目的はワーホリや旅行などさまざまだと思いますが、ツアー旅行でない限りビザの申請が必要となります。

ワーホリビザを申請する場合

ワーキングホリデーの場合は、『ワーキングホリデービザ』を自分で、あるいは代理店やエージェントに依頼して取得する必要があります。

そして、ビザの申請料金を支払う必要があります。その支払い方法はクレジットカードまたはデビットカードのみで、現金や振込で支払うことはできません。

もちろん、親御さんのクレジットカードでも支払うことができますが、航空券を購入したり、現地で利用したりと、今後クレジットカードを使う機会も増えてくるので、この機会に作成しておくことをおすすめします。

>>オーストラリアのビザ申請方法

留学で学生ビザを申請する場合

学生ビザの申請もワーホリ同様、クレジットカードのみとなります。

旅行でオーストラリアに入国する場合

また旅行でオーストラリアに行く際にも、観光ビザ(正式には、ETAS・e600)を取得する必要があります。

自分でETASを取得する場合、支払いはクレジットカードかデビットカードのみとなります。なお、費用は

https://australia-etas.com/

ネットで簡単に取得できますので、個人旅行の際には忘れずにおこなってください。

このように、オーストラリアに入国する際は、目的に限らず何らかの申請が必要で、その申請費用の支払いにクレジットカードが必要なのです。

また、支払いに可能なクレジットカードブランドは、VISA、MasterCard、JCBの3種類となります。

ホテルの予約にデポジットが必要な場合がある

オーストラリアのホテルを予約する場合、デポジットが必要なケースがあります。

デポジットとは、保証金のことで、チェックアウト後に返金されるものです。

このデポジットはクレジットカードやデビットカードから引き落とされます

また、ユースホステルやバッパーなどは、チェックイン時に現金で預ける場合もあります。

これは本人を証明する、また信用を証明する目的もあります。海外では、クレジットカードが個人の信用を証明する役割にもなるのです。

レンタカーを借りる場合はクレジットカードが必要

オーストラリアでレンタカーを借りる場合はクレジットカードが必ず必要です。

そのため、オーストラリアで運転するかもしれないという方は、クレジットカードを持っていきましょう。

ちなみに、運転するためには国際免許証が必要となり、これは日本で簡単に取得できます。

広大なオーストラリアでは、国内一周旅行も人気です。美しい景色を見ながらのオーストラリアドライブは、とても素敵な経験になるでしょう。ワーホリでオー...

オーストラリアでおすすめのクレジットカード

オーストラリアで利用するのにおすすめのクレジットカードをご紹介しておきます。

  • 海外旅行保険付きで無料の「エポスカード」
  • 楽天ポイントが貯まる年会費無料の「楽天カード」

クレジットカードを1枚も持っていないという方は、エポスカード(VISA)と楽天カード(Master)の2枚を申し込んでおくことをおすすめします。

その理由は以下です。

  • 片方のブランドが使えなかった場合、もう一つのブランドのカードで支払うことができる
  • 海外旅行保険を合算することができる
  • 盗難や磁気不良などのトラブルで使えなくなった場合に2枚あると安心

それでは、エポスカードと楽天カードについて紹介します。

【オーストラリアおすすめクレジット①】エポスカード

エポスカードは年会費が永年無料で、しかも海外旅行保険が自動付帯!持っておくだけで保険が適用されるので、損することが一切ないおすすめのクレジットカードです。

また、ネットから申し込み、マルイ店舗で受け取りを選ぶことで最短即日の発行も可能。学生・フリーターも申し込める万能なクレジットカード。

スマホから簡単に申し込みができるので、サクッと申し込んでおきましょう。

エポスカードは、海外旅行やワーホリ(ワーキングホリデー)、留学など、海外に持っていくカードとして、非常におすすめのクレジットカードです。 ...

>>エポスカードを申し込む

今ならエポスカードの新規入会と利用で2000円分のポイントがもらえます!

※クレジットカードは申し込みから手元に届くまで時間がかかる場合があるため、出来るだけ早めの申し込みをおすすめします。

【オーストラリアおすすめクレジット②】楽天カード

楽天カードがおすすめなのは、何と言っても楽天ポイントが貯まること。また、Masterブランドの選択も可能なため、海外キャッシングを利用する場合にお得なレートで利用できるというメリットがあります。

ただし、海外旅行保険は利用付帯となります。利用付帯とは、旅行代金や航空券などを楽天カードで支払った場合のみ、保険が適用されるシステムです。

そのため、楽天カードの海外旅行保険を使いたいという方は、楽天カードで旅行代金を決済しましょう。

>>楽天カードを申し込む

※楽天カードの新規入会と利用で5000ポイントがもらえます!

※クレジットカードは申し込みから手元に届くまで時間がかかる場合があるため、出来るだけ早めの申し込みをおすすめします。

ワーホリの場合はオーストラリアの銀行デビットカードを使うことが多いがクレジットカードは必要

ワーホリでオーストラリアにいく方で、現地で仕事をして給料を得る場合は、オーストラリアの銀行口座を開設し、『キャッシュカードについているデビット機能』を使うことがほとんどです。

僕が実際に使っていたのも、オーストラリアのNAB銀行のデビットカードがほとんど。これは日本のSuicaのように、端末にタッチするだけで使えるeftoposという機能で、とても便利です。

かといって、日本のクレジットカードがいらないという訳ではないので、持っていくようにしてくださいね。やはりクレジットカードがあると安心ですので。

オーストラリアでクレジットカードが使えない場所

クレジットカード払いが基本のオーストラリアですが、クレジットカードが使えない場所もあります。

  • マーケットや屋台
  • 路線バス
  • カフェでの少額決済では使えない場合もある

それぞれ説明していきましょう!

マーケットや屋台

オーストラリアといえば、さまざまな場所で開かれているオーガニックマーケットやファーマーズマーケットです。ここでは現金しか使えないことが多いので、マーケットにいく際は現金を持っていくようにしましょう

路線バス

路線バスでもクレジットカードが利用できません。

日本でいう「Suica」のような交通系カードが、オーストラリアの各州ごとにあるので基本的にこのカードを使います。

ライトレールや電車、バスなど全てに使えて便利なので、オーストラリアに行った際には購入をおすすめします。ちなみに、このカードはクレジットカードで購入できます

カフェで少額決済には使えない場合がある

一部のカフェでは、「5ドル以下はキャッシュオンリー」といったように、少額決済の場合はクレジットカードが使えない場合があります。

オーストラリアのクレジットカード事情

オーストラリアは以下のように日本とクレジットカード事情が異なります。

  • オーストラリアはカード社会なのでカード払いが基本
  • 日本と違い手数料は消費者負担

それぞれ解説していきます。

オーストラリアはカード社会なのでカード払いが基本

日本はキャッシュレス対応が遅れていますが、オーストラリアはクレジットカードやデビットカードでの支払いが基本のキャッシュレス文化です。

また、比較的治安の良いと言われるオーストラリアでも、現金を持ち歩くことによる盗難のリスクはありますので、現金はあまり持ち歩かない方が良いでしょう。

日本と違い手数料は消費者負担

日本とオーストラリアのクレジットカード事情の大きな違いが手数料負担です。

日本の場合は、クレジットカードによる支払いで発生する手数料は、基本的にお店側が負担します。

しかし、オーストラリアの場合、クレジットカードによる支払いで発生する手数料は、基本的に消費者側が負担することになります。

ですので、お会計の際に支払い金額が少し多いと感じた場合は、クレジットカードの手数料が含まれている可能性があります。

ただし、全ての支払いに手数料がかかる訳ではありません。

基本的な手数料を請求されるお店やサービスは、以下を参考にしてください。

手数料を請求されるお店、サービス

以下の場所ではクレジットカード手数料を含んだ金額が請求されます。

  • タクシー
  • ホテル
  • レストラン
  • レンタカー
  • ビザ申請料金

手数料を請求されないお店

以下の場所では手数料がかかりません。

  • スーパー(coles、woolworthなど)
  • ファストフード(McDonald’s、Hungry Jack’s、ケンタッキー(KFC)、Oportoなど)
  • コンビニ(7-Elevenなど)
  • ショッピングモール(Myer、David Jonesなど)

円から豪ドルへの両替は、クレジットカードの海外キャッシングがお得!

クレジットカードのキャッシングを利用し、オーストラリア現地のATMでオーストラリアドルを引き出すことで、両替所の手数料よりも安く引き出せます

これを『海外キャッシング』といいます。

日本からオーストラリアに到着した際、ほとんどの方が空港の外貨両替所や街の両替所で、日本円からオーストラリアドルに両替するかと思います。

しかし、両替所では両替手数料がかかり、その手数料も両替所によってレートが違ってきます。この手数料はほとんどの場合、海外キャッシングよりも高くつきます。

ただし、海外キャッシングは利息が発生します。そのため、繰り上げ返済などで利息を軽減するとよりお得に現地通貨を入手することが可能です。

ワーホリや留学、海外旅行におすすめの『エポスカード』。 年会費無料で海外旅行保険付帯のクレジットカードとして、幅広い年代の方に利用されてい...

海外キャッシングができるクレジットカード

銀行やショッピングモール、デパートには多くのATMが設置されています

ATMには取扱い可能なカードのロゴマークが表示されており、カードに記載されているロゴマークがあればキャッシングが可能です。

なお、代表的なブランドのVISA、Master Card、JCBのカードには下記のロゴマークがあります。(アメックスやダイナースはATMにより表示がないことがあります)

基本的にVISAかMasterであればほとんどのATMでキャッシングが可能です。

また、JCBの場合も『cirrus』マークがあればキャッシングができます

Cirrusはマスターカードが中心となって運営するネットワークで、ほとんどのATMにこのマークがついています。

JCBはヨーロッパで使えないとよく言われますが、キャッシングに限ってはそういった不自由はほとんどないでしょう

ATMでのキャッシング手順

それでは、実際にATMでのキャッシング手順を見ていきましょう。

ATMの機種によってタッチパネルの場合と画面の横のボタンを押す場合があります。

キャッシングの手順は以下の画像のとおりです(ANZ銀行のATM)。

①クレジットカードを挿入、またはTapします。

②次にPIN(暗証番号)を入力し、エンターを押します。

③金額を入力します

④「Credit」を選択(タップ)

⑤レシートが必要であれば「Print receipt」を選択

 

その後、カードとレシートが出てきます。

※レシートはカード会社から請求があるまで必ず保管しましょう。

チップやサインなどオーストラリアにおけるクレジットカードの使い方

ここまで、オーストラリアのクレジットカード事情について解説してきました。

ここからは、オーストラリアでのクレジットカードの使い方について解説していきます。

決済端末でクレジットカードを利用する場合

オーストラリアでクレジットカード決済をする場合、スタッフから「Saving or Credit?」と聞かれることがあります。

クレジット払いの場合は「Credit please」、デビットカードによる銀行から即時引き落としであれば「Saving please」と伝えましょう。

Savingは、時々「Cheque(チェック)」と言われることもありますので覚えておきましょう。

日本のクレジットカードを使う場合は、すべて「Credit please(クレジット プリーズ)」でかまいません。

チップの支払い方法

オーストラリアは、アメリカのようにチップが必須ではありませんが、良いサービスを受けた場合にはチップを渡してあげるとスマートです。

その際のチップの目安は以下のとおりです。

レストランで良いサービスを受けた場合。お会計の際に伝票のチップ欄に、料金の10〜15%程度を記入しましょう。つまり、チップはクレジットカードで支払えるということです。

ホテルでは、ポーターに荷物を運んでもらった場合に、1、2ドルを現金で渡すと良いでしょう。また、それなりのホテルで連泊する際にベッドメイクをしてもらった場合には、部屋を出る際に枕元に1、2ドルを置いて出るようにします。その他、特別なサービスをお願いした場合などにも2ドル程度を渡すと良いでしょう。

タクシーでは、総額の10%を現金で支払いましょう。ただし、特に良いサービスでなかった場合には必要ありません。

また、オーストラリアではタクシーよりも配車アプリの「Uber(ウーバー)」が便利です。料金も全てアプリ上で支払います。チップを別途渡す必要もありませんので、ぜひ利用してみてください。

サインの仕方とピン(暗証番号)について

オーストラリアでは、クレジットカード払いの際に、サインかピン(暗証番号)を求められる場合があります。

また、最近では、サインもピンもなしで利用できる場所も増えてきているため、盗難や紛失には注意する必要があります。

サインは、クレジットカードの裏面の署名と同じサインをしましょう。

ピンとは暗証番号のことで、クレジットカードの暗証番号を入力します。そのため、ご自身のクレジットカードの暗証番号を覚えておくようにしてください。

さらに注意するべき点は、ピンの入力ミスです。入力ミスをすることによって、偽装カードや盗難カードと認識され、そのクレジットカードが利用できなくなる場合があるからです。

そのため、サインかピンを求められた場合は、サインを選ぶ方が安心だといえるでしょう。

オーストラリアに持って行くおすすめのクレジットカード

オーストラリアに持っていくおすすめのクレジットカードブランドは、VISAかMASTERで、VISAは必ず1枚は持つようにしましょう。

JCBは使えない場所もあるので、必ずVISAも持って行くようにしてください。

また、海外旅行保険付帯のクレジットカードもおすすめで、例えば『三井住友VISAカード』や『エポスカード』がおすすめです。

【クレジットカード】ワーホリや留学にエポスカードがおすすめな理由

三井住友カードは海外で使える?海外保険やキャッシングの使い方など解説

また、以下の記事では、学生の旅行におすすめのクレジットカードをご紹介しています。

クレジットカードは、海外旅行に必ず必要と言っても過言ではありません。もちろん学生も。 いまは学生でも気軽に海外旅行ができますよね。...

関連記事

【クレジットカード】海外旅行に必要なカードおすすめはこれしかない!目的別に11枚...

【オンライン英会話】おすすめのオンライン英会話4選【無料体験あり】

ドイツのクレジットカード事情・手数料や使い方を解説します

ワーホリで海外にいてもアマゾンプライムビデオで映画を観る方法

【重要】ワーホリ中のお金の管理。銀行口座管理・クレジットカードの引き落とし

グアムのクレジットカード事情・チップや手数料、使い方などを解説