ドイツのクレジットカード事情・手数料や使い方を解説します

ワーキングホリデーや留学、旅行などでドイツに行く際に『クレジットカードやデビットカードが使えるかどうか?』と疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。

この記事では、そんな疑問を持つ方に、ドイツのクレジットカード事情や、手数料、使い方を解説します。

ワーホリ(ワーキングホリデー)に行くことを決めたのなら、必ず準備をしなければならないものがあります。 それが『クレジットカード』です。 ...

ドイツでも問題なくクレジットカードが使える

ドイツでは、カナダやオーストラリアなどの国のように、クレジットカード社会にまでは発展していません。

かといって、クレジットカードが使えないというわけではないので、ドイツに渡航する際には、クレジットカードを持っていくことをおすすめします。

その際には、VISA、Masterの2大ブランドを持っていくと良いでしょう。

JCBやダイナースカードは使えない場所が多いため、あまりおすすめはできません。

ドイツのクレジットカード事情

ドイツは日本とクレジットカード事情が異なります。

まずは、ドイツでクレジットカードが必要な理由を確認しておきましょう。

  1. ホテルの予約にデポジットが必要な場合がある
  2. キャッシングで現地通貨を入手する

それぞれ解説していきますね!

【クレジットカード事情①】ホテルの予約にデポジットが必要な場合がある

ドイツのホテルを予約する場合、予約の際にデポジットが必要な場合があります。

デポジットとは、保証金のようなもので、チェックアウト後に返金されます。

このデポジットはクレジットカードやデビットカードから引き落とされます

【クレジットカード事情②】キャッシングで現地通貨を入手する

日本からドイツに到着した際、ほとんどの方が外貨両替所で、日本円からユーロに両替するかと思います。

しかし、両替所では両替手数料がかかり、その手数料も両替所によってレートが違ってきます。

そこで、クレジットカードのキャッシングを利用し、ドイツ現地のATMでユーロを引き出すことで、両替所の手数料よりも安く引き出せる場合があります。

ただし、キャッシングなので利息が発生します。

この利息は、日々発生するため、できれば『繰り上げ返済』をおすすめします。

ドイツと日本のクレジットカード事情の違い

では、以下からは、ドイツと日本のクレジットカード事情の違いを解説していきます。

ドイツと日本のクレジットカード事情の違いは以下のとおりです。

  1. クレジットカードの裏面の署名(サイン)をチェック
  2. ドイツはクレジットカード利用時にパスポート提示が必要な場合も
  3. 日本と違い手数料は消費者負担

それぞれ解説していきます!

【ドイツと日本のクレジットカード事情の違い①】クレジットカードの裏面の署名(サイン)をチェック

ドイツではクレジットカードの裏面に本人の署名(サイン)がないと利用できないことがあります。

日本では署名がなくても利用できることがほとんどですが、ドイツでは署名が必要ですので、ドイツに行く前にきちんと署名しているか確認しておきましょう。

【ドイツと日本のクレジットカード事情の違い②】ドイツはクレジットカード利用時にパスポート提示が必要な場合も

ドイツで日本人がクレジットカード払いをする際に、本人確認のためにパスポートの提示を求められる場合があります。

ですので、外出する際にはパスポートを持ち歩くことをおすすめします。

【ドイツと日本のクレジットカード事情の違い③】日本と違い手数料は消費者負担

日本とドイツのクレジットカード事情の大きな違いが手数料負担です。

日本の場合は、クレジットカードによる支払いで発生する手数料は、基本的にお店側が負担します。

しかし、ドイツの場合、クレジットカードによる支払いで発生する手数料は、基本的に消費者側が負担することになります。

ですので、お会計の際に支払い金額が少し多いと感じた場合は、クレジットカードの手数料が含まれている可能性があります。

ただし、全ての支払いに手数料がかかる訳ではありません。

基本的な手数料を請求されるお店やサービスは、以下を参考にしてください。

クレジットカードブランドで手数料が変わる

クレジットカードにはVISAやMASTER、AMEXなどのブランドがありますが、利用手数料はブランドによって変わってきます。

手数料の違いは以下のとおりです。

  • VISA・・・1.63%
  • MASTER・・・1.63%
  • AMEX・・・2.0%
  • Diners Club・・・1.3%
  • JCB・・・1.6%



ドイツでのクレジットカードの使い方

ここまで、ドイツのクレジットカードについて解説してきましたが、実際に現地でクレジットカードを利用する場合は、どのように支払えば良いのでしょうか。

以下で紹介していきます。

決済の仕方

ドイツのスーパーやファストフード店でクレジットカード決済をする場合、

  • 「Debit(デビット)」
  • 「Credit Card(クレジットカード)」

どちらの支払い方法かを伝えましょう。

店員さんが端末を用意してくれます。

また、レストランやバーなどでも同じです。

「Can I check the bill?」

と伝え、その後支払い方法を伝えると良いでしょう。

 ドイツでは暗証番号が必要

ドイツでは、クレジットカード払いの際に、暗証番号の入力を求められることがほとんどです。

ですので、自分が持っているクレジットカードの暗証番号をしっかり確認しておきましょう。

ドイツでクレジットカードを利用する際の注意点

ドイツでは、クレジットカードを利用する際に、通信障害が起きやすいと言われています。

そのため、対応策として、異なるブランドのクレジットカードを持って行くことをおすすめします。

例えば、VISAとMaster、VISAとAMEXなどの組み合わせです。



ドイツに持って行くオススメのクレジットカード

ドイツに持っていくおすすめのクレジットカードブランドは、VISAかMASTERで、VISAは必ず1枚は持つようにしましょう。

JCBやアメックスは使えない場所もあるので、必ずVISAも持って行くようにしてください。

また、海外旅行保険付帯のクレジットカードもおすすめで、例えば『三井住友VISAカード
』や『エポスカード』がおすすめです。

【クレジットカード】ワーホリや留学にエポスカードがおすすめな理由

三井住友カードは海外で使える?海外保険やキャッシングの使い方など解説

ワーホリや留学におすすめの、海外旅行保険付帯のクレジットカードは、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

ワーホリ(ワーキングホリデー)に行くことを決めたのなら、必ず準備をしなければならないものがあります。 それが『クレジットカード』です。 ...

 この記事へのコメント

  1. […] ドイツのクレジットカード事情・手数料や使い方を解説しますワーキングホリデーや留学、旅行などでドイツに行く際に『クレジットカードやデビットカードが使えるかどうか?』と疑問に思っている方もいらっしゃるかと…ワーホリGO […]

関連記事

【イタリアのクレジットカード】使い方や使えない場所、手数料などを解説

Booking.comカードは海外で絶対おすすめのクレジットカード

スペインのクレジットカード事情・手数料や使い方を解説します

【韓国のクレジットカード事情】おすすめ・手数料・使い方などを解説します

三井住友カードは海外で使える?海外保険やキャッシングの使い方など解説

海外でクレジットカードのスキミング被害を防止するための5つの対策