オーストラリアのスマホ・携帯・simの契約や解約法・おすすめキャリア

現代人にとってスマートフォン、携帯電話はなくてはならないものですよね。ワーホリでオーストラリアに訪れる場合も、もちろんあったほうが便利です。仕事でも使いますし、プライベートを充実させるためには必須でしょう。

ただ、オーストラリアでどのようにして携帯を契約すればいいのかわからない方もたくさんいると思います。ここではオーストラリアでスマートフォンや携帯電話を使う方法についてまとめてみました

ワーホリや留学に必須の記事

【クレカ】ワーホリ・留学におすすめのクレジットカード
【英語勉強】おすすめのオンライン英会話特集

オーストラリアの携帯会社で携帯を契約

オーストラリアを代表する携帯会社には、以下の3社があります。
テルストラ(Telstra)
オプタス(Optus)
ボーダフォン(Vodafone)

まずはこの3社がどのような特徴を持っているかを知っておきましょう。

Telstra(テルストラ)

まずTelstra(テルストラ)ですが、こちらはもともと国営だった会社でオーストラリアで一番よく使われているキャリアです。電波が安定していて通信の品質も安定しているので、法人契約数も最多です。

OPTUS(オプタス)

OPTUS(オプタス)はマーケットシェア第2の通信会社。料金が安いので学生やワーホリでオーストラリアを訪れた方がよく使っています。OPTUS同士の通話とテキストメッセージが無料というのも嬉しいポイント。通信環境も問題ありません。

Vodafone(ボーダフォン)

第3に挙げられるのはVodafone(ボーダフォン)。シェア数は少ないですが電波の状況や使い勝手には問題ありません。ただし使っている人が少ないので、ただでさえ知り合いの少ないワーホリの方にはあまりおすすめできません。

おすすめはOPTUS(オプタス)

この3社のうちでプリペイド料金が一番お得なのはOPTUSです。時間帯の制限もなく、ほかのサービスも充実しているからです。1GBあたりの料金はTelstra(テルストラ)と同じですが、Telstra(テルストラ)は時間帯の制限があるので注意が必要です。

プリペイド携帯を契約

基本料金を払いたくない方やクレジットカードを持っていない方などはプリペイド携帯がおすすめです。プリペイド携帯ならば基本料金はかかりませんし、使った分だけ料金が課金されます。通話料が少なくなってきたとしても、プリペイドカードを購入し追加できます。

先述したように、テルストラ(Telstra)、オプタス(Optus)、ボーダフォン(Vodafone)の3大キャリアの店舗で購入、契約できます。また、ウールワース(Woolworths)やコールス(Coles)などのスーパーでも購入できます。

契約にはパスポートなどの身分証明書が必要で、80ドル程度で販売されているプリペイド携帯電話セットを最初に購入します。ただし携帯でインターネットをしたいという方にはおすすめできませんが、wifi環境があればインターネットも使い放題です。

日系レンタル携帯を契約

始めに携帯電話本体のレンタル料金を払い、その後は月々の基本使用料を払っていく方式。契約プランによっては基本料金分の通話料無料、電話機レンタル代無料などが適用されることもあります。2ヶ月、6ヶ月、11ヵ月など短期契約もできて便利です。

契約には身分証明書とクレジットカードが必要です。ただし最低契約期間内に解約するとキャンセル料金が発生するほか、携帯紛失時などの事故発生時には高額な賠償金の支払いが発生します。

日本で使っていた携帯をそのまま使う(SIMフリー)

日本で使っていた携帯電話がSIMフリーのスマートフォンの場合、オーストラリアで契約したSIMカードや購入したプリペイドSIMカードをさしてそのまま使用することもできます。

また、オーストラリアの携帯電話の代理店でSIMカードをレンタルすることもできます。SIMカードを購入する場合、最低契約期間が24ヶ月となっているので短期滞在には適しません。短期の場合はプリペイドSIMカードを利用しましょう。

契約には身分証明書とパスポートが必要です。また、日本でSIMロックを解除してからオーストラリアに持っていくことも忘れずに。

ちなみにWi-fiがある場所でならSIMカードがなくてもLINEやSkypeができるので、SIMカードを契約せずにそのまま日本の携帯を使うという方法もあります。

格安キャリア

前述の3第通信会社より断然安いのが、MVNOやVAYAなどの格安通信キャリア

日本の格安SIMといえば、楽天モバイルやLINEモバイルが有名ですが、オーストラリアにも同じような格安キャリアがあるのです。

格安キャリアは店舗をもたず3大キャリアの通信設備や基地局を使ってコストカットをしているため、店頭でのサービスは充実していません。

ですがとにかく安いので、少しでもお金を節約したい方にはこちらがおすすめです。店舗で店員さんから説明を聞くことはできませんが、電話やメールでの問い合わせは可能なのでほぼ困らないと思います。

ちなみに電波の状況も3大通信会社のものとほとんど変わりません。

そして格安キャリアもたくさん会社があるので迷ってしまいます。結論から言うと、少しのデータ通信量で十分だと言う方はYomojoそこそこのデータ通信量が欲しい方はboostという会社のものを選びましょう。


おすすめはSIMフリーかプリペイド

オーストラリアワーホリでのスマホや携帯の使用で一番多いのが、現地でスマートフォンを購入して、プリペイド契約をするパターンと、SIMフリーのスマートフォンを現地で購入、または日本から持ってきて、オーストラリアのSIMに入れ替えるというパターンです。

iPhoneであれば、iPhone SEをSIMフリースマホとして使用している人が多い印象です。

料金の支払い方法

料金は日本と同じように2年契約で携帯機種代を毎月割賦払いしていく方式と、毎月プリペイド式で支払っていく方式があります。毎月のかかる料金は、プランによりますがだいたい2GBで月に30ドルくらいです。

契約にはパスポートなどの身分証明書有効なクレジットカード、2年以上有効なビザが証明できる書類(2年契約時)、住所を証明できる書類が必要です。


まとめ

オーストラリアでSIMフリー携帯を使うなら、3大通信会社のうちOPTUSか、格安キャリアのうちYomojoかboost。この3つの中から選ぶと良いでしょう

基本的にオーストラリアの携帯会社には日本の「使い放題」のようなプランはないので、各所にある無料Wifiスポットも活用しつつプリペイドで気軽に携帯を使っていくのが良いでしょう。

なお、ここに掲載した情報は古くなっている可能性もあります。携帯会社を選ぶ際は必ず公式サイトなどを見て、最新の情報を見てからにしてください。

また、時期によってはお得なキャンペーンなどが実施されていることもあるので、携帯を契約する前にきちんと調べておくことも大切です

いまや仕事でもプライベートでも必須の携帯電話。仕事をするなら携帯が必要なこともありますし、現地でできた友人と仲良くなるためにも必要です。

一見携帯電話の契約は面倒に思えてしまいますが、オーストラリア滞在期間を有意義なものにするためにもしっかり調べて自分にぴったりの携帯電話を見つけてくださいね

ワーホリや留学に必須の記事

【クレカ】ワーホリ・留学におすすめのクレジットカード
【英語勉強】おすすめのオンライン英会話特集

【関連記事】

ワーホリ、留学に必要な持ち物を特集しました。こちらを参考に、足りないものがあれば買い足しましょう。ほとんどがここから購入可能です。アマゾン・楽天...

関連記事

オーストラリア アデレードのグレネルグビーチのカフェなどをご紹介

オーストラリア ワーキングホリデーとは 年齢・ビザ・費用など

【シドニー年越しカウントダウン花火】場所・持ち物・注意点を徹底解説

オーストラリアのビジネスビザ(就労ビザ)が廃止されTSSビザに変更

【THE GROUNDS of ALEXANDRIA】シドニーの食の複合施設に行...

【オーストラリア】ケアンズのシェアハウスの探し方と実情とは