【オーストラリアワーホリ】仕事の種類・見つけ方・おすすめのサイト

オーストラリアにワーキングホリデーに行くとなったらどのように仕事を探したらいいのでしょうか。

ワーキングホリデーを充実させるためにはちゃんとした仕事を見つけることが先決です。

その仕事の探し方を知っておけたら安心ではないですか?

事前準備をして、ちゃんとしたローカルジョブをゲットできるように、この記事では、オーストラリアでの仕事の探し方をご紹介します。

記事の最後に、おすすめ求人Webサイトをまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

ワーホリで働く際のルール

ワーキングホリデービザは、6カ月しか同じ雇用主の元で働けないという規則があります。ただし一定の業種や一定の地域では12カ月同じ雇用主の元で働けることもあります。

たとえばノーザンテリトリー全体、クィーンズランド州北部、西オーストラリア州北部のエリアでの介護職、農業、林業、観光業などです。

移民局に申請が必要になりますが、エリアによっても必要な書類が違ったりするので、どの地域で働くかしっかり調べておきましょう。

ワーホリではどんな仕事ができる?

オーストラリアでワーホリを過ごしている日本人の多くは、日本語が必要となる日本食レストランのウエイター・ウエイトレス、日本語ツアーガイドなどの仕事についています。

ほかにも、レストランのシェフ留学会社でのオフィスワークベビーシッターなどの家事手伝い、清掃業などをしている方がたくさんいます。

これらの仕事は初級~中級の英語力があれば雇ってもらえることが多く、また求人の数自体も多いので比較的仕事がしやすいようです。

高い英語力をお持ちの方であれば、一般企業で働くことも可能です。

ちなみに日本と同じですが求人が多いのは都市部。特にシドニーは一番求人の数が多いです。

そのためワーホリでオーストラリアを訪れた方は、まずシドニーである程度お金を稼いでから他の都市に行くことも多いです。

逆に地方都市であれば観光産業が盛んなので、ツアー関係の求人が多いという特色もあります。

オーストラリアワーホリでバリスタとして働いてみたい!と考えている人も多いと思います。こちらの記事ではどうすればバリスタとして働くことができるのか...

仕事の選び方スキルアップか収入か

もし将来的にオーストラリアに永住したい、もしくは英語圏で働きたいという目的があるならば、キャリア形成やスキルアップに役立つ仕事をしたほうがよいでしょう。

たとえば歯科助手看護師会計士などです。これらはオーストラリアの資格が必要なので、ワーホリでもこういう資格をとるのに勉強になる仕事をしておくと有利です。また、シェフ美容師など手に職をつけるのもおすすめです。

もともとこれらのスキルがある方は、それを活かせば仕事も見つけやすい上にキャリア形成にも役立ちます。

一方、オーストラリアでのキャリアやスキルアップを求めず、滞在期間を有意義に過ごしたいとお考えの方は収入をメインで仕事を探したほうがよいでしょう。

お金を貯めたいのであればファームや養殖などの仕事につくのがおすすめです。これらの仕事は特別なスキルや英語力を必要としないことが多いです。

オーストラリアでの仕事の探し方

オーストラリアでの仕事の探し方は主に3つあります。

インターネットでアプライ

1つ目はインターネットでアプライする方法です。

Gumtreeという大型クラシファイドのサイトなどで求人を探すことができます。

自分の働きたい分野や地域を検索するとたくさんの求人を見ることができます。

こちらはローカルの仕事がほとんどで、オーストラリアで働きたい人みんなが見ていますので競争率は高いですが、雇ってもらえたらローカルジョブゲット!ちゃんとしたお給料を払ってもらえるでしょう。

もう1つSEEKというサイトもあります。

こちらはアルバイトというよりも完全に就職先を見つけたい人向けのサイトなので、求人情報も堅めのものが多いのですが、実はイベントスタッフの求人が多いんです。

イベントを企画している企業がそのイベントの時だけ働いてくれる人を募集しています。

日本人のワーホリの方で働いている人を知っていますが、そのお給料がいいそうですので、ご紹介しておきます。

あとは、日本人向けサイトです。日豪プレスは有名ですよね。

こちらはオーストラリア全土の求人が載っています。求人だけでなく、住まいなども募集していますので、知っていると便利だと思います、

地域別にみると、メルボルンのDENGONNETGO豪メルボルン、アデレードのGO豪アデレード、パースのパース通信などがあります。

行きたい地域のクラシファイドサイトは一度調べておくことをおススメします。どんな求人が多いのか見ておくことによって、行きたいところに行ったら仕事がないというミスを防ぐことができます。

レジュメを配り歩く

2つ目はレジュメを片っ端からお店に渡しに行くドロップと呼ばれる方法です。

日本では聞かない方法ですが、ここオーストラリアではみな働きたいと思ったお店にレジュメを持って行ってオーナーやマネージャーに渡します。私も10件くらい回りました。

しかし、返事はゼロでした。レジュメを持って行ったお店が人を募集しているのか、直接オーナーやマネージャーにレジュメを渡せたのかがカギになると思います。

オーナー不在の時に行ってしまうと、他のスタッフにレジュメを渡すことになるのですが、後で本当にオーナーに渡してくれたかどうかは疑問です。

みんなレジュメを渡しに来る人に慣れているのでしょう、どの方も笑顔で受け取ってくれました。が、返事なし。とりあえず片っ端から根気強く配り歩くほかないのでしょうね。ただ、運がいいとすぐに採用されることもあります。

私が今働いている日本食レストランには、たくさんの人がレジュメを配りに来ます。

現地の人もいれば、ワーホリの日本人もよく来ます。その中で、偶然1人辞めるタイミングでレジュメを配りに来た日本人の方はすぐに面接をして採用されて、今一緒に働いています。

彼女はオーストラリアに来て2週間と言っていましたのでとてもラッキーだと思います。

この方法はメインにするのではなく、街を歩いていていいなと思ったお店があったらレジュメを渡すくらいにするといいと思います。求職中はいつでおレジュメを持ち歩くべきですね。

友人の紹介

3つ目は友人の紹介です。やはり持つべきは友。語学学校で知り合う人とは仕事を探し始めるタイミングが重なることが多いです。

そこで、仕事探しの情報交換をします。どこどこのレストランは時給がいくらだったとか、どこどこのお店は今も新しいスタッフを募集しているとかいないとか。

他には、シェアハウスの同居人の仕事先を紹介してもらうとか、1つ仕事が決まれば、そこで働いている人に掛け持ち先を聞いてみたりなど、人づての方法はたくさんあります。

友人から労働環境を事前に聞いておければ、不当な時給で働くなんてことも避けられますし、雇う側も今働いている人や、知っている人の紹介となれば安心して話を聞いてくれるでしょう。



仕事探しの事前準備として

面接までこぎ着けたら自分が週何日間、何時間働けるのか明確にしていきましょう。また、お給料はキャッシュハンドなのか銀行振り込みなのかもきちんと確認が必要です。

キャッシュの場合、そのまま言われた時給分もらえますが、銀行振り込みの場合、言われた給料から税金が引かれるので少し少なくなります。そのギャップを埋めるためにも、きちんと確認することが大切です。

英語力はどれぐらい必要?

どのくらいの英語力が必要になるかは、仕事内容や環境によって異なります。もちろん使えないよりは使えるほうがよいので、ワーホリの前に日本で語学を勉強しておくのがベストです。

より英語力が高い方がいいお給料の仕事に就くことができます。ただ、働いているうちに実践的な英語力が身に付くのも事実。仕事をしていればどうしても英語を使わなければいけなくなるので、自然と身に付くのです。

しかも語学学校に通うのとは違う、リアルな言い回しなどを知れるのもメリットです。以上のことから日本人だらけの職場で働くよりは、現地の人と触れあえる仕事に就いたほうがいいとも言えます。

https://workingholidaygo.com/column/english/howtostudy

まとめ

いかがでしたか?オーストラリアでは、主にインターネット、レジュメ配り、人づてで仕事を探します。

私は、すべてインターネットで探して面接をして採用してもらって働いているので、個人的にはインターネットで探すのが一番早いかなと思うのですが、こちらも、なかなか返事が返って来なかったりして不安になることがあるかもしれません。

やはり多くの知り合いを作って、より良い仕事を紹介してもらうのが一番かもしれませんね。



おすすめ現地求人サイトまとめ

ここからはおすすめのオーストラリア現地の求人サイトを掲載します。

以下はエキストラや、デザイナーなどクリエイティブの求人です。

次の記事では、オーストラリアでバリスタになるための方法をご紹介します。

オーストラリアワーホリでバリスタとして働いてみたい!と考えている人も多いと思います。こちらの記事ではどうすればバリスタとして働くことができるのか...

【関連記事】

ワーホリ(ワーキングホリデー)に行くことを決めたのなら、必ず準備をしなければならないものがあります。 それが『クレジットカード』です。 ...

関連記事

【マルディグラス/mardigrass】ニンビンの大麻収穫祭に行ってきた

オーストラリアのYHA(ユースホステル&バックパッカーズ)を紹介

経験者に聞いた、ワーホリ・留学でローカルの友達を作るコツと心構え

オーストラリアワーホリビザから学生ビザへ切り替えた理由とその流れをご紹介

TOEIC・IELTS・TOEFLなど英語力検定試験の種類や特徴

オーストラリアのジャパレスで働いたら時給はだいたいどれぐらい?