【スペイン】私の住むバレンシア州アリカンテの街を紹介します!

ワーホリGOをご覧のみなさんこんにちは。

スペインにワーホリ中のSumireです!

スペインワーホリをお考えの方で、スペインの街について『どんな雰囲気なのか知りたい』と思っている方もいらっしゃるかと思います。実際に下見に行けたらいいですが、スペインとなると、時間とお金がかかります。

そこで今回の記事では、私が滞在している『バレンシア州アリカンテ』の街をご紹介します!

バレンシア州アリカンテ


私が現在住んでいるのは、スペインはバレンシア州アリカンテ県というところです。

カスティーリャ語(所謂スペイン語)ではアリカンテと言うのですが、バレンシア語(カタルーニャ語の方言)ではアラカントと言われ、多くの場所で両方の表記がされています。

このことからも分かるように、アリカンテはスペイン語とバレンシア語の二言語使用地域であり、駅名や建物の名前など日常生活の中でもバレンシア語を目にすることはとても多いです。

しかし、今のところバレンシア語しか話せない人には出会ったことはないですし、出身の地域にもよりますが、バレンシア語は話せないというアリカンテの人もとても多いです。

バレンシアというところまでは知っている人も多いのではないかなと思いますが、アリカンテと言われると「どこ?」と人の方が多いのではと感じます。
アリカンテがどんなところかというと⋯

バレンシア州アリカンテの特徴

こんなところです。笑

写真から見ても分かるように、ヤシの木がたくさん生えているような南国感の漂う街です。

それもそのはずで、アリカンテは地中海に面しており、気候もよく天気が良いと4月から10月まで海に入れるほか、雨も少なくとても住みやすい街。

特に中心街から歩いて15分~20分ほどでビーチまで行くことができ、そのビーチがとてもキレイなので海が好きな人は気に入るに違いないようなところです。

夏にはマドリードなどスペイン国内からはもちろんフランスやイギリス、ロシアなどからもたくさんの観光客が海を求めて訪れます。



バレンシア州アリカンテの観光地

アリカンテには海しかないと言われてしまうほど、海に関わらないアクティビティや観光地は少ないですが、何もないわけではありません。笑

ここではアリカンテの主な観光地をご紹介します。

サンタ・バルバラ城(Castillo de Santa Barbara)

1つ目は、街のシンボルでもあるお城です。

アリカンテにはお城が2つあるのですが、そのうちのサンタ・バルバラ城(Castillo de Santa Barbara)といもんが大きく、ビーチのそばに位置していることもあり、眺めもとても良いです。

ビーチの紹介に使った写真もサンタバルバラ城の上から撮影したものです。

海と反対側には街が広がっており、アリカンテの町並みを一望することができます。

お城の上へは坂か階段を使って徒歩で登ることもできますし、車や観光バスで登ったり、エレベーターも設置されていて、エレベーターで登ったりすることも可能です。

また、お城の近くにはEl barrio de Sant Curz(サンタ・クルス地区)という場所があり、ここには伝統的な住居が保存されており、とてもキレイで多くの観光客が写真を撮りに訪れています。

フォゲラス/サンフアンの火祭り(Fogueras/Las Hogueras de San Juan)

2つ目は、お祭りで毎年6月23、24日のあたりにフォゲラス/サンフアンの火祭り(Fogueras/Las Hogueras de San Juan)が開催されます。

スペインの火祭りの中ではバレンシアのFallasがスペイン三大祭りにも数えられており、最も有名ではありますが、バレンシア以外のスペインの他の地域でも火祭りは開催されており、そのうちの1つがアリカンテで行われています。

このお祭りでは、たくさんのモニュメントが制作され、それに火をつけることでサンフアンの日を祝うそうです。

また最優秀賞に輝いたモニュメントは燃やされずに博物館にて保存されます。フォゲラスの博物館も街の中心部にあります。

バカンスにおすすめの観光地

ここまではアリカンテ県のアリカンテという地域についてお話ししましたが、アリカンテ県の中にはそのほかにも、イギリス人のバカンスの場所として有名な

『Benidorm(ベニドルム)』

『白い街並みが美しいAltea(アルテア)』

ピンク色の湖が広がる『Torrevieja(トレビエハ)』

人口60人ほどの小さなリゾートの島『Isla de Tabarca(タバルカ島)』

など、さまざまな地域がありいずれも日帰りで訪れられる距離に位置し、気軽に出かけられます。

また、アリカンテはマドリードまで電車で2時間半、バルセロナまでが電車で5時間ほど、飛行機で1時間半ほどの距離でありマドリードやバルセロナからも遠くありません。

まとめ

いかがでしたか。

今回はアリカンテの街を紹介させていただきました。

それほどメジャーな場所ではありませんが、海も近く気候もよく、スペイン語のなまりもあまり強くなく、単語ごとにしっかりと発音する人が多いのでスペイン語も聞き取りすいためとてもおすすめです。

スペインへワーホリや留学・観光の際には、ぜひアリカンテも検討してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

こんにちは! スペインでワーホリ中のSumireです。 今回は、みなさんが実際一番気になる部分でもあるお金について、特にスペインへの...

関連記事

【スペインワーホリ】仕事の探し方や履歴書の書き方をご紹介

【スペイン】ワーホリビザの申請方法・条件・費用や仕事を解説!

【スペインワーホリ】費用はどれぐらい必要?実際にかかった初期費用を公開

【スペイン】語学学校の選び方とアリカンテ大学言語教育センターについて

【スペイン】アリカンテに住む私のおすすめカフェ3選を紹介します!

スペインのクリスマスを体験!日本とは違うスペインの文化や過ごし方を紹介します