グアムのクレジットカード事情・チップや手数料、使い方などを解説

日本人に人気の海外旅行先のひとつでもある『グアム』。

『日本のようにクレジットカードを利用することはできる?』

と疑問に思っている方もいらっしゃるかと思いますが、もちろん、グアムでも日本と同じようにクレジットカードが使えます。

ただし、グアムのクレジットカード事情は日本と違う点もあるため、グアムに行く前に事前知識として知っておくことがあります。

この記事で、グアムのクレジットカード事情や、チップの払い方、手数料、使い方などを解説していきますので、チェックしておきましょう。

クレジットカードは、海外旅行に必ず必要と言っても過言ではありません。もちろん学生も。 いまは学生でも気軽に海外旅行ができますよね。...

グアムではどんな時にクレジットカードを使う?

グアムでは、以下のようなさまざまな場所でクレジットカードが利用できます。

  • レストラン
  • ホテルの支払いやデポジット
  • レンタカー
  • シャトルバス
  • ショッピングモール
  • スーパーマーケット

グアムでクレジットカードが使えない場所

グアムでは、以下の場所でクレジットカードが使えないため現金が必要です。

  • タクシー
  • 屋台
  • ビーチでのレンタルパラソル

グアムでは現金のチップが必要!

グアムはチップの文化があり、チップの支払いに現金が必要な場合があります。

現金のチップが必要な場所

  • タクシー
  • ホテル内

タクシーでチップを支払う場合は基本的に現金利用料金の15〜20%が基本です。ちなみに、グアムのタクシーは、そこら辺を走っている、いわゆる流しのタクシーは存在せず、基本的にホテルで呼んでもらいます。

ホテルでチップを支払う場合も現金となります。荷物を運んでくれたり、ベッドメイクをしてくれるなど、サービスを受けた時にチップを渡しましょう。チップは、荷物1つにつき2〜3ドルを部屋に到着した時に渡しましょう。また、ベッドメイクの場合は、自分が部屋を出る時に枕元に1〜2ドル置いておきましょう。

クレジットカードでチップが支払える場所

  • レストラン

レストランでは、クレジットカードでチップを支払うこともできます。お会計の伝票にチップを記入する欄があるので、食事代の15〜20%をチップ欄に記入しましょう。すでにお会計にサービス料金が含まれている場合もあります。その時はさらにチップを支払う必要はないため、しっかりと伝票をチェックするようにしましょう。

また、ウエイターのサービスがよければ、1ドル程度で良いので渡してあげても良いでしょう。

現金が必要な場合はキャッシングで入手するとお得

前述したとおり、グアムではほとんどの場所でクレジットカードが使えるため、現金はあまり持ち歩かなくても良いでしょう。

もし、現金が足りなくなりそうな時は、現地のATMでクレジットカードを使った海外キャッシングで現地通貨を調達しましょう。

海外キャシングは、空港や現地の両替所で【日本円→現地通貨】に両替するよりも手数料が安いためお得です。

グアムと日本のクレジットカード事情の違い

では、以下からは、グアムと日本のクレジットカード事情の違いを解説していきます。

グアムと日本のクレジットカード事情の違いは以下のとおりです。

  1. クレジットカードの裏面の署名(サイン)をチェック
  2. グアムはクレジットカード利用時にパスポート提示が必要な場合も
  3. 日本と違い手数料は消費者負担

それぞれ解説していきます!

【グアムと日本のクレジットカード事情の違い①】クレジットカードの裏面の署名(サイン)をチェック

グアムではクレジットカードの裏面に本人の署名(サイン)がないと利用できないことがあります。

日本では署名がなくても利用できることがほとんどですが、グアムでは署名が必要ですので、グアムに行く前にきちんと署名しているか確認しておきましょう。

【グアムと日本のクレジットカード事情の違い②】グアムはクレジットカード利用時にパスポート提示が必要な場合も

グアムで日本人がクレジットカード払いをする際に、本人確認のためにパスポートの提示を求められる場合があります。

そのため、外出する際にはパスポートを持ち歩くことをおすすめします。

【グアムと日本のクレジットカード事情の違い③】日本と違い手数料は消費者負担

日本とグアムのクレジットカード事情の大きな違いが手数料負担です。

日本の場合は、クレジットカードによる支払いで発生する手数料は、基本的にお店側が負担します。

しかし、グアムの場合、クレジットカードによる支払いで発生する手数料は、基本的に消費者側が負担することになります。

ですので、お会計の際に支払い金額が少し多いと感じた場合は、クレジットカードの手数料が含まれている可能性があります。

ただし、全ての支払いに手数料がかかる訳ではありません。

基本的な手数料を請求されるお店やサービスは、以下を参考にしてください。

クレジットカードブランドで手数料が変わる

クレジットカードにはVISAやMASTER、AMEXなどのブランドがありますが、利用手数料はブランドによって変わってきます。

手数料の違いは以下のとおりです。

  • VISA・・・1.63%
  • MASTER・・・1.63%
  • AMEX・・・2.0%
  • Diners Club・・・1.3%
  • JCB・・・1.6%

グアムでのクレジットカードの使い方

ここまで、グアムのクレジットカードについて解説してきましたが、実際に現地でクレジットカードを利用する場合は、どのように支払えば良いのでしょうか。

以下で紹介していきます。

決済の仕方

グアムのスーパーやファストフード店でクレジットカード決済をする場合、

  • 「Debit(デビット)」
  • 「Credit Card(クレジットカード)」

どちらの支払い方法かを伝えましょう。

店員さんが端末を用意してくれます。

また、レストランやバーなどでも同じです。

「Can I check the bill?」

と伝え、その後支払い方法を伝えると良いでしょう。

 グアムでは暗証番号が必要

グアムでは、クレジットカード払いの際に、暗証番号の入力を求められることがほとんどです。

ですので、自分が持っているクレジットカードの暗証番号をしっかり確認しておきましょう。

実際にグアム旅行に行った方はどのようにクレジットカードを使ったか

グアム旅行をした方々に、実際に持って行ったクレジットカードや利用したシーンについて聞いてみました。

  • グアムには、エポスカードとルミネカードを持っていき、クレジットカードが利用できる場所ではクレジットカードを使いました。
  • グアムではクレジットカードが利用できる場所では、持っていった『イオンカード』を使いました。
  • グアムではクレジットカードが使える場所で、みずほ銀行のクレジットカード(VISA)を利用しました。

ソース:【グアム旅行】学生や卒業旅行の体験談から持ち物・予算・おすすめなどをリアルに紹介!

グアムに持って行くオススメのクレジットカード

グアムに持っていくおすすめのクレジットカードブランドは、VISAかMASTERで、VISAは必ず1枚は持つようにしましょう。

JCBやアメックスは使えない場所もあるので、必ずVISAも持って行くようにしてください。

また、海外旅行保険付帯のクレジットカードもおすすめで、例えば『三井住友VISAカード
』や『エポスカード』がおすすめです。

以下の記事では、海外旅行におすすめのクレジットカードをご紹介しています。

クレジットカードは、海外旅行に必ず必要と言っても過言ではありません。もちろん学生も。 いまは学生でも気軽に海外旅行ができますよね。...
海外旅行に行く際には、クレジットカードやデビットカードが必要です。 また、クレジットカードは、『目的に合ったもの』や『質の高いもの』を選ば...

【関連記事】

この記事では、学生旅行や卒業旅行で『グアム旅行』をした方々から体験談や旅行記を実際に聞き、「おすすめの場所やホテル」「予算やかかった費用」「持っ...

関連記事

海外旅行に行くなら手挽きコーヒーミルを持って行くのがおすすめ!

ワーホリ中に英語力を上達させる6つの秘訣を教えます!

【イギリスクのレジットカード】おすすめ・使い方・チップ・キャッシング方法など解説

ライター募集

台湾クレジットカード事情・手数料や使い方を解説します

【オーストラリアのクレジットカード】おすすめ・手数料・使い方など