【カナダワーホリ】仕事の探し方・ジャパレスでも英語環境を作るコツ

ワーホリGOの読者の皆さんこんにちは。

カナダのバンクーバーでワーホリをしているYukiです。

ワーホリ(ワーキングホリデー)では、ほとんどの方が仕事をするかと思います。私もそうでした。

『英語環境で働きたい』
『そもそも仕事はどうやって探すの?』
『どんな仕事を選べばいい?』

など、今回の記事では、『カナダでの仕事の探し方』について、私の経験を交えながらお伝えしたいと思います。

私の仕事探しと働いた経験からのアドバイス

私の場合は「日本人がいない所で働きたい!」と最初の頃は思っていたので、レジュメ(履歴書)を現地のカフェ、レストラン、パン屋、雑貨屋などに配りましたが返事が返ってこず、JPカナダで見つけた日本食レストランにレジュメを送って仕事をゲットしました。

始めはキッチンで働いていたのですが、英語を学びに来たのに料理を覚えたり、キッチンの中はほぼ日本語なので「カナダまで来て何をしているんだろう」と思い悩みました。

そこで店長に相談した結果、サーバーとしても働かせてもらえることになり、今は基本サーバーの仕事をしながら、週に1回くらいはヘルプでキッチンとして働いています。

私の働いているレストランは居酒屋と割烹の中間のような少し高めのレストランで、サーバーはお客様に料理の説明もおこないます。

お客さまのほとんどは英語を話す方なので英語環境。

私はキッチンで働いているスキルも活かして、どのように作っている料理なのかも説明できます。

また最近は、キッチンで働いている現地のネイティブスピーカーと仲良くなることができました。

同い年ということもあり話しやすく、よく英語を教えてもらっています。

始めはキッチンで働く選択をした事が良くなかったのでは?と悩みましたが、今はそれも良い経験とスキルになっていると実感しています。

次の段落からは、カナダでの仕事の探し方や選び方について紹介していきます。

レジュメ(CV)を作成しておく

まずは、仕事に応募するためにレジュメ(CV:カバーレター)を作成しておきましょう。日本の履歴書とは違い、決まった形式はありません。

インターネットで検索すれば、書き方についてのサイトが沢山出てくるので、それを参考に書くのもオススメ。

また、語学学校に通う予定の方や通われている方は学校の先生に頼むと添削してくれると思います。

私が現地で出会った採用をしていた側の人達の話では、職歴やどれくらい働けるのかを重要視すると聞きました

そのためExperience(職歴)の欄には働いていた場所と期間だけではなく、具体的にどのような仕事をしていたのかを付け加えると良いらしいです。

Skills(スキル)やAbilities(能力)の欄にはAble to work in flexible schedule according to the requirements などと仕事にスケジュールを合わせられることを書いておくと面接に呼んでもらいやすいようです。

面接に呼んでもらえないと仕事はゲットできないので、こんな事書いたら必ず頼まれたシフトの時間でしか働けなくなるのでは?と思わずに、とりあえずは面接に呼んでもらうために書いておくと良いでしょう。

面接の中で週に何日間、何時間働くのかを説明してもらって、自分の働きたい時間と合わせれば良いと思います。

たとえ仕事がゲットできなくても、良い英語の練習の機会だったと思って次を探せば良いと思います。

仕事の探し方

カナダでの一般的な仕事の探し方はレジュメを配って歩く方法です。

もし現地のカフェなどの仕事をゲットしたければもちろん英語力も必要になってきますが、運とタイミングなところもあります。根気よくレジュメを配ることが大事です。

他にもカナダであれば、JPカナダ人材カナダという日本人向けの求人サイトから仕事を探す方法もあります。

日本人向けということもあり、日本食レストランなどのキッチンやサーバーの仕事が多いです。

しかしここで私からのアドバイスとして、現地で出会った日本人に評判をきいてから決めることをおすすめします

お客さまは普通にチップを置いて行ってくれるのに、何ヶ月働いても少ないチップしか貰えないお店や終電の時間が過ぎても働かされるお店もあるようです。

仕事の選び方

英語力が高ければ現地のお店などで働くチャンスも大いにあるかと思いますが、そうでなければ英語の勉強がお金を貰いながらできる!と割り切って何でもやってみることが良いと思います。

私のいるカナダは移民の多い国というだけあり、色々な国の人と働ける最高の場所です。母国語が違う人同士、英語で働く場所も多いのでローカルのお店以外にも英語環境の働く場は多くあります。

ちなみに、レストランはチップが貰えるので効率よく稼ぐ事ができ、まかないが貰えるお店もあるので食費を浮かすこともできます

美容師などの資格や免許を持っている人はそれを活かして働くこともできますし、仕事が早く見つかりやすいとも聞きます。


まとめ

いかがでしたか。今回はカナダでの仕事の探し方をご紹介しました。せっかくの海外生活で、ワーホリなら働きながら英語を学ぶことができます。

ぜひ、この素晴らしい制度を活かせるように、カナダでの仕事探しに挑戦してみてくださいね。

【関連記事】

カナダでワーキングホリデーに行った際には、よほどお金に余裕がある方以外は仕事に就くことになるでしょう。 また、せっかく海外で仕事をする機会...
こんにちは!カナダからaikaです! 今回は、カナダワーホリ中に私が働いていた、『マッサージの仕事』についてシェアさせていただこうと思いま...
ワーホリ(ワーキングホリデー)に行くことを決めたのなら、必ず準備をしなければならないものがあります。 それが『クレジットカード』です。 ...

関連記事

【カナダワーホリ】銀行口座の作り方・開設方法や注意点をご紹介

【カナダワーホリ持ち物】実際に持って行ってよかったもの8選ご紹介

大自然を満喫できる街、カナダのウィスラーを紹介します

【体験談】カナダでスキーのインストラクターをするための資格とは?

ウィスラーのカウントダウン・クリスマス・ハロウィンイベントを紹介

カナダ・ウィスラーでの生活 〜 物価・交通・日本食など 〜