オーストラリアでBBQ! オージー流バーベキューをご紹介!

オーストラリアでは、日本以上にBBQ(バーベキュー)が大人気。毎週末、家族や友人とバーベキューを楽しむ方もいるほど、BBQをするというのは日常にとけこんでいる習慣なのです。ワーホリでオーストラリアに行くなら、一度は現地流のBBQを楽しんできてください。

今回の記事では、そんなオーストラリアのオージー流BBQをご紹介します

なぜBBQが人気?

オーストラリアの気候は基本的に温暖なので、1年を通して外で食事を楽しむことができます。そのためBBQという文化が盛んになったと言われています。

BBQをするための環境も整っていて、公園には誰でも無料で使えるBBQグリルが設置されています。一般家庭でもグリルやアウトドア用の道具があるのはもちろん、BBQ用にルーフを設置する場合もあるほどです。

BBQグリルは一家に一台といっても過言ではありません。

BBQを楽しむ

オージーの家庭で行われるBBQでは、父親など男性が主に肉を焼きます。女性は簡単なサイドディッシュを用意しつつ、男性が肉を焼き上げてくれるまでワインを飲んだり子どもと遊んだりするのが一般的な光景です。
男性もビールを飲みながら焼いていることが多く、みんなリラックスした雰囲気で楽しんでいます。

オーストラリアの公園には無料のBBQ台も

BBQをするタイミングは誕生会、送別会、記念日などのパーティーはもちろん、何でもない休日などにも。ピクニックや海水浴に出かけた際に、公共の場にあるBBQグリルを使って楽しむ場合もあります。

景観の美しいビーチには必ずといっていいほどグリルが用意されていて、気候のいい季節には大人気になります。

公共のBBQグリルはPublic Barbequesと呼ばれ、その区域の自治体によって管理されています。Meat in a Parkというサイトを使えば、近隣のBBQスペースを検索することができます。

基本的に誰かが使っていなければそのまま自由に使ってOKです。誰かが使っていたり待っている人がいる場合には、お互い気を遣いながら譲り合って使用しましょう。使ったあとはきれいに掃除するのがルールです

オージーに人気のBBQメニュー



オーストラリアに来たからには、オージービーフですよね!他にも、オーストラリアならではの食材を使用します。

オージービーフ

オーストラリアのBBQで使われるお肉は、牛の赤身。特にリブロース、Tボーン、ランプなどは柔らかく仕上がるため人気があります

そして日本のBBQとの違いはお肉を厚く切ること! 2cm程度の厚さで豪快にお肉を食べるのがオーストラリア流です。やはり厚切りのお肉がオージービーフの魅力を堪能できるようです

変わったお肉も

ほかにもラムチョップ、ソーセージ、骨付きのラムチョップ、串刺しのお肉、エビなども人気です。ちょっと変わったところではカンガルーのお肉なども使われます

お肉の味を存分に味わえるよう、調味料は塩だけでも充分。整った設備で焼くお肉は、シンプルな味付けで充分美味しいのです。ほかにもマスタードやアジアン系のスパイシーなソースもよく使われています。

ソーセージ・シズル

また、焼けたお肉やソーセージをパンにはさみ、トマトソースやBBQソースをつけて食べるというのも一般的です。

ソーセージを焼いてパンにはさんだ料理は、ソーセージ・シズルとも呼ばれます。付け合せには庭で育てたハーブ、とろとろになるまで焼いたオニオン、新鮮なサラダなどがぴったり合います!

ビーチや公園での飲酒に注意

ビーチや公園にある公共のBBQ台を使う際には、飲酒に注意が必要です。
オーストラリアでは、一般的にビーチや公園での飲酒は禁止されていることが多く、もし違反した場合、罰金などが課せられることもあるため、BBQでお酒が飲みたくなるのはわかりますが、ソフトドリンクにしておきましょう。

まとめ

オーストラリアにはBBQスポットがたくさん。オージーにとってはBBQは日常の楽しみのひとつです。
日本スタイルのBBQもいいですが、厚切りのオージービーフを外で焼いて食べる楽しみは、オーストラリアならでは!

オーストラリアの各地域では、頻繁にBBQパーティなどのミートアップも行われています。これは、様々な国の人達と仲良くなるチャンスですので、現地に行ったらぜひ一緒になってBBQを楽しんでみてください

関連記事

シドニーのクリスマスイベント2018まとめ

RSAとは?日本語で取れる?オーストラリアで必要な資格取得方法

【マルディグラス/mardigrass】ニンビンの大麻収穫祭に行ってきた

【オーストラリア】ケアンズのシェアハウスの探し方と実情とは

薬やタバコは?オーストラリアに持ち込み禁止・申告が必要なものとは

【語学学校】パースで英語のマンツーマンレッスン:Acasia cottageをご...