リゾートバイトで失敗し後悔した話。その教訓を教えます【リゾバ体験談】

この記事は、リゾートバイトの失敗談をご紹介します。

どのような失敗があり、教訓を得たのかをお話いただきましたので、リゾートバイトではどのような失敗があるのか気になる方は、参考にしてみてください。

リゾートバイトのハードルが高い訳

僕がリゾートバイトを始めたきっかけは、これまでの生活習慣を変えたかったか らです。

しかしながら、一般的な求人の流れと違って、職場見学ができません。つまりぶっつけ本番で、そのお仕事と職場環境に適応しないといけないのです。

実は初めてリゾバの存在を知ってから、実際に働くまでに半年もかかってしまいました。この間、悩んでいるのが無駄でしかなかったのですが、それだけ覚悟が必要ということです。

また入寮が確定すると、辞退することができません。したがって、これも同じく他の求人応募が実質できないことになります。

それでもリゾバは見知らぬ土地で働けること。寮費もかからず食費も格安など、利点も大きいので、単純に興味をもった僕は、やっとこさの想いで応募し、派遣先も決まりました。

その結果、派遣会社の担当者の現場説明と、職場の実態が全く異なっており、途中で仕事を辞める事態となってしまいました。

ご覧になられた方に、反面教師としていただきつつ、感じてもらえるものがあれば幸いです。

現場説明を信じきってしまった自分にも後悔

実際にその職場に出勤すると、初日なのにほぼ放置状態で、しかもミスをすると思いきり怒鳴られました。それ以外にも人間関係はギスギスしていました。

僕はとにかく働く前の現場説明がものすごく重要であるのに、蓋を開けてみたら真逆ともいえる職場環境に、そのリゾートバイトの派遣会社の担当に、裏切られた気持ちになりました。

今振り返れば、契約期間内は勤めてみてもよかったのかもしれません。

ですが、その時の僕は全く冷静ではいられず、その裏切られた環境から離れたい一心でした。

短い期間で感じた教訓

この件に限らずですが、他人のいうことは参考程度にした方が良いと思いました。そこでイレギュラーなことがあった時に、どう対応していくかを決めるのが良いのでしょう。

違っていたのは現場説明の内容以外にもあります。

それは食費についてです。出勤時は無償で提供されると求人票には記載されていましたが、実際はお金を支払う必要があり、その食事のボリュームも全然足りなくて、がっかりでした。

【まとめ】リゾートバイトを失敗しないために

正直、もうリゾバは二度とやりたくないと思っていましたが、たった一度で何も分かるはずがありません。

もちろん覚悟は相当要りますが、自分なりにリサーチして、今回の悔しさを晴らして、元々の目的であった貯金生活を実現します。

ちなみに、今回利用した派遣会社は大手ではなく、あまり名前を聞かない派遣会社でした。大手の派遣会社ならこういうことはないのかもしれませんね。

ワーホリGOから

今回の体験談をいただいて思ったのは、やはり派遣会社選びの大切さです。

派遣会社と実際に働く現場のコミュニケーションがうまくいっていない。今回の場合は、派遣会社が嘘をついていたのか、現場が嘘をついていたのかわかりませんが、双方のコミュニケーションがうまくいっていれば、こういうことは防げることです。

これからリゾートバイトをやろうと考えている方は、派遣会社をしっかりと見極めることが重要ですね。

【リゾートバイトを失敗しないための派遣会社の選び方】

貯金したい、出会いが欲しい、旅行しながら働きたい。そんな希望を叶えてくれる仕事「リゾートバイト」。 リゾートバイトは、派遣会社を通して働く...

関連記事

【アプリリゾート(はたらくどっとこむ)】の体験談・評判・口コミ

【リゾートバイト体験談】日光でのリゾバを通してわかったグッドマンサービスの実態

夏休みのリゾートバイト!おすすめはグッドマンとアプリ【短期リゾバもあり】

ゴールデンウィークにリゾートバイトで貯金!おすすめのリゾバ

【失敗しないリゾートバイト】おすすめの派遣会社を目的別に比較

【ヒューマニック(リゾバ.com)】の体験談・評判・口コミ