【ワーホリ体験談】オーストラリアのラムファクトリー、4ヶ月で7000ドル貯金した話

こんにちは、ワーホリGOです!

今回のオーストラリアワーホリ体験談は、『羊工場(ラムファクトリー)』で働いた女性のお話です。

なかなか聞くことがないラムファクトリーの貴重なお話を今回聞くことができたので、シェアしたいと思います!

羊工場(ラムファクトリー)で働くことになった経緯

私はセカンドビザを取得するために、Tamworth(タムワース)という町の羊工場で働きました。

皆さんもよくご存知の「日豪プレス」に掲載されていたのでコンタクトを取り、Tamworthまで行くことに。

英語力が不安でしたが、コンタクトを取った相手は日本人だったのでやり取りはスムーズにできました。

紹介料はかかりましたが、1週間で元を取れる額でした。

また、Tamworthに到着してから、2週間ほどウェイティングがありました。

Tamworth(タムワース)の場所はシドニーから車で4時間半

TamworthはNSW州、シドニーから車で4時間半ほど、ゴールドコーストから車で6時間半ほどの内陸に位置します。

私は車を持っていなかったので、シドニーから電車で約6時間ほどかけて行きました。また、飛行機も飛んでいるので、時間をかけたくないという方は飛行機がおすすめです。

Tamworthはカントリーミュージックでとても有名な町でして、年に一度、2月にカントリーミュージックの大きなフェスティバルがある場所です。

その時期になると、さまざまな人がTamworthに来て、街はカントリーミュージックに染まります。

シティに行けば、マクドナルド、KFC、Woolworths、Coles、ALDI、NAB bank、Commonwealth bank、ANZなど、基本的にはなんでもあり、生活には困りません。



羊工場(ラムファクトリー)について

私が働いた羊工場は、『Thomas Foods International(TFI)』という名前の会社です。

出勤時間は、朝の4時30分〜午後4時までの10時間ほどで週4。夜勤の場合は平日の週5勤務。休憩時間は、短い休憩が何回かあり、合計で1時間。エリアによって異なる場合があります。

羊工場の仕事内容

仕事内容は、お肉のパッキング、袋詰めの流れ作業のほか、お肉をカットする人、箱詰めする人、冷凍庫で作業する人など、役割分担がされています。

私が担当していた仕事はお肉のレッグライン、つまり足の部分の色々な部位のお肉をひたすら袋詰めする仕事でした。

足の部分は体力のない私にはとにかく重くて、最初の数ヶ月間はずっと筋肉痛。特に肩や腕、指先がすごく痛くて、寝起きとかは指先が硬直していてグーにできませんでした。

羊工場に必要な持ち物など

食事休憩20分間が2回あるので、朝ごはん、昼ごはんを持って行きます。

また、エリアによっては寒い所で働くため、防寒着、ロッカーの鍵、あと甘いもの少しがあれば十分でした。

働いてる人の国籍比率は、台湾7:韓国日本2:その他1くらいで、スーパーバイザーはオージーでした。

住んでいた場所について

基本的にシェアハウスに住みます。

最初に住んでいたところは、韓国人2人と日本人3人の5人でしたが、私はシェアハウスが嫌だったので、途中から友達と普通にアパートを借りて生活していました。

家から仕事場までは、車を持っている人が送り迎えをしてくれました。ピックアップ料金は、1日4〜5ドルをドライバーに支払います。シェアハウスでは、wifiも問題なく使用できました。

Tamworthの休日の過ごし方

そもそもTamworthという町は何もなく小さな町です。正直車がないと、不便でつまらないです。

私は友達と近くにある「レイク・キーピット州立公園」に行ったり(車で40分くらい)、友達と「Armidale」っていう町に行って鰻丼食べたり(車で1時間30分くらい)、お気に入りのハンバーガー屋さんに行ったりしていました!

ハンバーガー屋さんは「Willams Burg」っていうお店。結構サイズが大きいので友達と半分こしてました。ALDIの近くにあります。

ちなみにTamworthにアジアンショップは2件ほどあるけど、中国・台湾系であまり日本食材はないです。Armidaleにもありません。

また、年末年始は休みをもらってシドニーのカウントダウン花火を見に行きました。

お給料とセカンドビザについて

お給料は週払いで、銀行の口座に支払われます。メールでペイスリップもきます。

お給料にはレベルが1〜6まであり、1が一番給料が高くなります。最初はみんな、レベル6からスタートします。

レベル1はワーキングホリデーの人では難しいですが、時間とともに、レベル5、または4くらいには行くことが可能です。私はいつの間にかレベル5になっていました!

そしてセカンドビザも無事ゲットしました!

私の場合、オーストラリアではここだけしか働かずに、ファームとか転々としたわけでもないので、88日間ではなく、3ヶ月間働いてすぐに申請。申請した瞬間にそのままセカンドビザもおりました!!



羊工場(ラムファクトリー)で働いた感想

私が働いたのは、セカンドビザの取得に必要な期間で、約4ヶ月です。

仕事を終えて思ったことは、私はすごく運が良かったなと思いました。

というのも、人によっては、1ヶ月以上のウェイティングがある人もいました。特に、女の子のウェイティングがすごく長いです。

また、給料も十分にいいので、余裕で貯金することができます。

羊なので重たい部位もあり大変ですが、その分給料も高いです。残業なしで週$850ほど、手取りでゲットできます。

残業したい人はスーパーバイザーに何も言われなければできますし、エリアによっては、日曜日に4時間ほど働ける可能性もあります。

残業代も普通より給料高いですし、日曜日はダブルペイになるので稼げます。

私は一度も残業することなく、4ヶ月で$7000貯金できました!!

【関連記事】

オーストラリアのクイーンズランド州、ケアンズ近郊にマッカイという場所があります。ここはワーホリメイカーにもよく知られていて、精肉工場(ミートファ...

関連記事

【ワーホリ体験談】タスマニアのクリスマスヒルでラズベリーピッキング

ゲインダー・マンダベラ・カブルチャー・カトゥンガ4つのファーム体験談

【ワーホリ体験談】バイロンベイのブルーベリーファームでピッキング

【ワーホリ体験談】ガトンのブロッコリー・レタスファームでの仕事

ワーホリ電子書籍まとめ

【ワーホリ体験談】オーストラリア パースのカラオケ店での仕事