【ワーホリ体験談】ダーウィンのファームで出会い国際結婚!ブリスベンで子育て中

今回のワーホリ体験談は、ダーウィンのファームで出会った韓国籍の彼氏様と国際結婚をしたSさんのお話です。現在はブリスベンで2人のお子様と4人でのびのびと暮らしているSさんに、ワーホリ中のダーウィンでの生活から、結婚のお話まで聞かせていただきました。

ダーウィンでの生活

「Sさん、今回は体験談よろしくお願い致します。早速ですが、ダーウィンでの生活ってどんな感じだったんですか?」

S「ワーホリの時は、仕事をして、 休みの日は友達とお茶をしたりバーベキューをしたりしていました。 結婚して子供ができると、子供を遊ばせる所が無料で沢山あるので、ママ友達と毎日子供を遊ばせに出かけていました!」

「ダーウィンではどんなお仕事をしてたんですか?」

S「マーケットのフォーのお店、ネイルサロン、かばん屋さん などで働いていました!」

「時給ってやっぱり高いんですか?あと、ダーウィンってワーホリでも結構仕事ってあるんですか?」

S「時給は仕事によると思いますが、物価は高いですね!! 東南アジア系が多いので、安い時給のお店もありましたが。仕事はありますよ!」

カナナラのファームでセカンドビザを取得

「セカンドビザはファームで取りましたか?」

S「はい、場所はダーウィンから車で1時間弱の所で、周りにはあまり何もなく まさにオーストラリアのファームという感じでした。」

「そのファームはどうやって見つけたんですか?」

S「知り合いがいたので紹介してもらいました。韓国人がほとんどのバナナ、メロンファームファームで、日本人は1割ぐらいしかいなかったです。朝早くからのスタートで、毎日大変でしたが、日本では出来ない体験をオーストラリアで楽しめた良い思い出です。」

「仕事内容を教えてください。」

S「バナナファームではシェッド 倉庫で、パッキングをしていました!バナナを大きさによって仕分けして パッキングします。辛かった事は、、、手が荒れてしまった事ぐらいですかね。

メロンファームでは、パッキングと トラックへの荷物積み込みチェックをしていました! 大変だった事は、やはり暑さですね!!」

「結構稼げました?」

S「週で$1200 以上は稼いでいたので、ファームで沢山 貯金ができました!」

「休みの日とか何してたんですか?」

S「休みの日はアコモデーションでゆっくりか、町に出て買い物していました。」

「ファームの思い出とかありますか?」

Sローカルの人との触れ合いが沢山ありました。 オーストラリア訛りの英語で難しかったですが、オーストラリア文化にふれるよい機会でした!

あとやっぱり1番は出会いですね。 仕事はだいたいシンプルなのですが、体力勝負なので、その大変な中で共に頑張った仲間は 今でも大切な友達です。 共同生活のファーム生活では、やはりカップルが沢山誕生しますね笑

実は私もその1人なんですよ。で、その彼と結婚しました!今 とても幸せです!」

ファームで出会い、国際結婚

「そうなんですね!国際結婚されたんですね!詳しく聞いていいですか?

S「はい。ダーウィンに近いカナナラ (Kununurra) と言う所に私が初めて ファームの仕事をした時にマネジャーとして働いていた韓国人の彼と出会いました。サンダルウッドのファームでした。私はビザ目的だったので、88日が終わるとファームを去り、彼はファームのコントラクターのビジネスを知り合いと始めている所だったので、ファームか拠点のダーウィンにいる事になるので、そこから遠距離でした。

私はパースでガイドの仕事をしたかったので、ワーホリ中にやりたい事をしたいとそれぞれで頑張っていましたが、やはり一緒にいたたいという事で、私がダーウィンに行く事になりました。そこから、色んなファーム仕事を経験して2人で永住権をとり、結婚して 今はブリスベンで子供2人の4人家族で住んでいます。」

「オーストラリアで韓国と日本の国際結婚なんですね!国際結婚で文化が違う中、やはり大変な事もあったんじゃないんですか?」

S国際結婚だから大変だという事はあまりありません。もし日本人と結婚していてもぶつかる問題はもちろんあると思うので、国籍がちがっても、結局は1人の人間同士の関係なのだなと感じています。」

ブリスベンでの子育て

「今は家族でブリスベンにお住まいという事ですが、ブリスベンは子育てしやすい環境ですか?」

S1番はやはり気候です!あとは、オーストラリアは基本空気がよいので、子供たちを自然の中で思いっきり遊ばせてあげられるのが良いです。」

「確かにオーストラリアの気候はいいですよね!色々聞かせていただいて、ありがとうございました!」




編集後記

いかがでしたか?ワーキングホリデーでオーストラリアに行き、日本人が行くことが少ないダーウィンでファーム。そこで出会った韓国籍の男性と見事ゴールインしたSさん、今とても幸せということで、お話を伺った私も幸せな気分になりました。
Sさん自身、ファームでの思い出は出会い。と語ってくだっさった通り、自ら行動することで国籍を問わず様々な人に出会えることは、ワーホリに限らず人生の醍醐味ではないでしょうか?Sさん、これからも末長くお幸せに!

【関連記事】

こんにちは、ワーホリGOです。 今回のオーストラリアワーホリ体験談は、前回マンジマップでのファーム体験談を教えていただいたNさんに、今度はダー...

関連記事

【ワーホリ体験談】「自分が海外でどこまでできるか試したかった」

【ワーホリ体験談】バイロンベイのブルーベリーファームでピッキング

【ワーホリ体験談】ケアンズ近郊のマンゴーファームでピッキング

【ワーホリ体験談】アデレードのストロベリーファームでピッキング

【ワーホリ体験談】タスマニアのクリスマスヒルでラズベリーピッキング

【ワーホリ体験談】マッカイのミートファクトリー(精肉工場)の仕事を紹介