ワーホリに必要な英語力は?英語上達のための準備や勉強法をご紹介!

この記事では、ワーホリ(ワーキングホリデー)で充実した生活を送るためには、『どの程度の英語力が必要なのか?』

また、ワーホリ中に英語力を上達させるためには、『どのような準備』をして、『どのように勉強』すればいいのかを詳しく解説していきます。

私が実際にカナダで出会った、『ワーホリで英語が上達した人たち』は、どのような勉強をしてきたのか、どのように過ごしてきたのでしょうか?

この記事が役に立つ人

  • 充実したワーホリ生活を送るために必要な英語力を知りたい
  • ワーホリ中に英語力を上達させるためにどのような準備をすればいいのか知りたい
  • ワーホリ中に英語力を上達させるためにワーホリ中にはどのように英語を学べばいいか知りたい

そもそもワーホリに英語力は必要なのか?

「 英語はできないけど現地に行ったらなんとかなる。」と言う人を時々見かけます。結論からいうと、確かになんとかはなります。生きてはいけます。

ワーキングホリデービザを取るのに英語の試験はありませんし、エージェントを通せば全ての手続きはやってもらえます。

そしてオーストラリアやカナダの主要都市、語学学校には日本人はたくさんいます。

海外で日本人と会うととても身近に感じ日本人の友達は簡単にでき、困った時に日本語で助けてくれるでしょう。

仕事も日本食レストランのキッチンで働けば英語は使わなくて済みます。

でも、それでは日本にいる時にと何も変わりません

何のためにわざわざワーキングホリデーを経験するのかよく考えてみて下さい。

和食レストランで働いて、日本人や日本語が堪能な友達とハングアウトしたいだけならわざわざ海外に来る必要がありますか?

1年後日本に帰ってきた時「1年オーストラリアにいたのに英語が全然できない自分」に後悔はないと思いますか?

現地に行ってから英語を覚える事も勿論可能ですが、ワーキングホリデーの期間はたった1年。

セカンドビザを取っても2年です。

英語が身についてきて誰とでもコミュニケーションが取れ、ようやくこれからどんどん楽しくなるという時になって帰国です。

時間が勿体無いですよね。

というわけで、充実したワーキングホリデー生活を送りたければ英語力は必須です。

日本にいるうちにできるだけ英語を身につけておきましょう。

ワーホリにはどの程度の英語力が必要?

まず、英語が全くできない人は中学レベルの英文法・英単語を覚えて下さい。

高校入試問題でほぼ満点が取れるレベルです。

中学レベルがしっかり身についていて発話できれば生活にはほぼ困りません。

その他にも生きて行く上で大事な、買い物で使う表現、住むところや仕事を探す際に使う英単語や表現は、悩まずすらすらっと口から出てくるようにしておきましょう。

カフェやレストランなど接客の分野で働きたい人は、お客さんや同僚とコミュニケーションが取れるレベルの英語、特に会話力が必須です。

接客英語は覚えていってください。

TOEIC730以上の英語力+職歴(アルバイト可)があれば仕事はかなり見つかりやすいでしょう。

つまり、ワーホリに必要な英語力は、自分がワーホリで『どのような生活をしたいのか』『どのような仕事をしたいのか』によって異なります。

まずは、自分がどのように過ごしたいのかを考えましょう。

もちろん、英語力は高いに越したことはありません。

高ければ高いほど充実させることができます。

ワーホリの目的を明確に!

ワーホリで海外に来ている人の中には、なんとなく来た。とか海外に来たかっただけしか理由がない人もいます。しかし、そういう人はしっかりと目的を持ってきている人に比べて、時間を無駄に過ごしている人がほとんどです

例えば『海外の人と日本に帰っても繋がって友達になる』『いろんな地を旅行しまくる』『がっつりお金を貯める』などの抽象的な目的でもいいのでしっかりと持つことが大切です。

目的があれば、それに向かって何をすれば良いかわかってきますので、無駄な時間を減らすことができます。

私の場合は、ワーホリの目的として『ウィスラーの大自然でマウンテンバイクとスキー、スノーボードを楽しみながらレベルアップ』『「海外で日本人が少ない環境で仕事をする』と二つの大きな目的を持って行きました。

もちろんその中に資格を取るなどといった目的も含まれています。

目的がはっきりとしていたので、スポーツに必要なお店や、スポーツをするコースのチェックをすぐにすることができました。

仕事に関しても履歴書も準備していきましたし、ローカルレストランのキッチンでの仕事がすぐに決まりました。

もちろんワーホリではさまざまなことがありますので、目的は臨機応変に変えていくといいでしょう。

ワーホリ渡航前に日本でしっかり英語を勉強しておくことが重要

それでは、ワーホリをより充実させるために、英語を上達させようとした場合、まずは何をすればいいのか?

それは、ワーホリに行ってから勉強を始めるより、行く前の日本にいる時から勉強をスタートすること

知識がなく海外に行くより、少しでも知識がある状態で行く方が絶対有利です。

日本で勉強していくことで、海外での最初の生活への導入が楽になりますし、勉強しなければならない時間を減らし、他のことに時間を注ぐことができます。

せっかく海外に行くのですから、日本でできる勉強ではなく海外でしかできない体験をした方が絶対にいいです

では、日本ではどのような英語の勉強をすれば良いでしょう?次の段落で解説します。

日本で英単語と英文法の勉強をしよう

有名な本で英語を勉強している人なら知っているかもしれませんが、「一億人の英文法」という本をワーホリに行く前に読んで勉強しました。

この本は話すための英文法にフォーカスされており、文法が使われる場面とその理由や文法の意味などについて書かれています。

基礎的な項目が網羅されており、専門用語も少なく非常に読みやすいです。

簡単な単語で様々な場面に使える英文法が学べるので、お勧めの一冊です。

難しい言葉を覚えても実際に使えるようになるのは非常に難しいです。

実際に私が話す英語は、中学生で聞くようなレベルの単語で構成されています。英語がペラペラというわけではないので、とっさに難しい言葉なんて思い出せないことがほとんどです。

文法の勉強って英会話に大事なの?

 

「今まで文法と読解ばかりやってきたけどそれって会話の役に立たない。」

と文法の学習を軽く見ている方がいます。

TOEIC700ぐらい力のある方ならば、ひとつ上のレベルに上がる上での壁にぶつかっている可能性もあります。

しかし実際は、文法やボキャブラリーの知識がつく前に「文法は会話の役に立たない」と思い込んでいる方も多いのです。

例えば次のフレーズを見て、瞬時に英語に直してみましょう。

「日本に行った事ある?」

「私はないんだけど、妹はあるよ。3年前に行ったよ。」

“Have you been to Japan?”

“No, (I haven’t), but my sister has. She went there 3 years ago.”

現在完了形と過去形の使い分け、三単現のsの使い方など中学レベルの文法が身についていれば、この会話を正しい文法ですぐに答えることができます。

「書けばわかるのに」と言い訳したくなったあなた。

気持ちはわかりますが、瞬時に出てこなければ完全に身についていることにはなりませんよ。

今まで使った教材など使って、文を見て理解するだけでなくしっかり音読し、口を慣らす練習をしてください。

書店に行けば英文法のテキストは何種類もあります。

オンラインで購入する場合でも、中身を見て自分が続けられそうか確認して下さい。

確認するポイントとしては、

  • 自分のレベルに合っているか
  • 解説を読んでわかりやすいと感じるか 
  • 読んで覚えるタイプか?問題を解きながら書いて覚えるタイプか?

例文は必ず音読します。文法書でも音読を徹底すれば会話力は伸びます。

オーストラリアの人たちは全体的には親切でフレンドリーですが、どこの国にも外国人を差別したり軽く見たりする人はいます。

あなたがオーストラリアへ行った時差別されてしまうこともあり得ますし、特に英語ができないと軽くあしらわれてしまう機会も増えるでしょう。

そこで文法がしっかりした英語を自然に自信を持って話す事ができれば、あなたの発言に説得力が生まれ、相手に対等に扱われるチャンスが増えることは確かです。

オンライン英会話で日本にいながら英語力を磨いておく

文法や単語の学習は大切です。

しかし、実際に英語を使って会話をしたい!

という方も多いかと思います。

そこでおすすめなのが『オンライン英会話』です。

オンライン英会話がおすすめな理由は以下の4つです。

  1. マンツーマンなのに値段が安い
  2. 忙しいスケジュールの合間でもレッスンが受けられる
  3. 目的に合った講師を選べる
  4. 渡航後でもレッスンが受けられる

それでは、それぞれ説明していきますね。

【オンライン英会話がおすすめな理由①】マンツーマンなのに値段が安い!

これから始まるワーホリ生活のためにも渡航前の日本での出費はできるだけ抑えたいところですよね。

英語を習う場合、まず思い浮かぶのが英会話スクールや個人レッスンという方法でしょう。

一般的なスクールの場合、グループレッスンでも週1回のレッスンで1ヶ月の月謝が約1万円~2万円かかります。入会金も大きな出費です。

しかもグループレッスンでは、他の生徒さんが喋る時間もあるので自分が発話できる時間は限られてきますし質問もしづらくなります。

個人レッスンでは、一般的に1回のレッスンが60分で5千円~1万円です。週1回レッスンしたら月に2万円~4万円。大きな出費ですね。

オンラインレッスンだと、週1回のレッスンで月に約5千円~8千円フィリピン人講師などの格安レッスンですと毎日受けても月に3千円など、マンツーマンレッスンとは思えないほどの価格です。

しかも自宅でできるので交通費も節約できます。

【オンライン英会話がおすすめな理由②】忙しいスケジュールの合間にレッスンが受けられる!

しばらく日本から離れるとなると、渡航前は何かと忙しくなります。

役所で様々な手続きがあったり、暫く会えなくなる友人や家族に会いに行く時間を作ったり。

お小遣い稼ぎのためにアルバイトが忙しくなる方もいるかもしれませんね。

そのような忙しいスケジュールの合間に毎週スクールに通うのはなかなか大変なもの。

しかしオンラインレッスンなら、インターネットの環境さえあれば自宅でも出先でもどこでもレッスンが可能です。

【オンライン英会話がおすすめな理由③】目的に合った講師を選べる!

スクールの場合、レベルやコースによってスクール側が講師を決めますが、多くのオンライン英会話では、生徒自身が講師が選ぶことができます

講師のプロフィール他、口コミをチェックして選べるところもあります。

英語の基礎がまだ身についていない方は、易しいレベルから日本語でしっかり教えてくれる日本人講師がおすすめです。

また、自分である程度の単語や言い回しの勉強をして、それを会話で実践する場としてオンライン英会話を利用するのも効果的です。

講師のスケジュールやプロフィールから、あなたに合いそうな講師を選びましょう。

もしあなたがネイティヴ講師のレッスン中、英語で説明されても何を言われているのか意味がわからずストレスを感じてしまったら、日本語で質問ができる講師を選ぶ方が楽しく学べます

日本人講師や日本語が堪能な外国人講師を選ぶといいでしょう。

学習法に関して相談に乗って欲しい場合も日本人講師がおすすめです。

通常ネイティヴスピーカーは、英語を第二言語として身につける方法に関して知識がない可能性があります。努力して言語を身につけたのではなく成長していく過程で自然に英語を身につけているからです。

というわけで、日本人の講師(日本語を第一言語とし、第二、第三言語として英語を習得した講師)の意見や学習法が参考になります。若しくはネイティヴでも、第二言語として英語を教える資格(TESOLなど)を取得している講師なら安心です。

日本人講師を選ぶ際、講師のプロフィール欄に「オーストラリア在住」、「ワーキングホリデー経験」などの記述がある講師は、質問すれば英語だけでなくあなたが知りたいワーホリ情報を教えてくれるかもしれませんね。

英語の基礎がある程度身についていて「オーストラリアの生きたネイティヴ英語と会話したい」という方は、オーストラリア出身の講師を検索しましょう。

オンライン講師は世界各地に住んでおり、候補もたくさんいますのできっと見つかります。

オーストラリア人やオーストラリア在住の講師がおすすめな理由は、オーストラリア英語のイントネーションや発音には、アメリカ英語ともイギリス英語とも違う特徴があるからです。アメリカ英語で使う単語が通じないこともあります。

例えば、週2回日本人講師のレッスンを受け文法や語法を教えてもらいながら、週1回はオーストラリア人講師とフリートークで会話を実践してみるなど、自分なりにレッスンをカスタマイズできるのも、オンラインレッスンの魅力です。

【オンライン英会話がおすすめな理由④】渡航後でもレッスンが受けられる!

実際現地に行ってから、自分の英語力が足りないために落ち込んでしまったり、語学学校の授業が難しすぎてついていけなかったり、言葉の壁にぶつかることはよくあることです。

近くに信頼できる先生やネイティヴの友達がいれば助けを求められますが、まだ人間関係も築けていない頃はとても不安なものですね。

そんな時は、日本にいた時から受講していた信頼できる先生のレッスンを、今度はオーストラリアから取ってみましょう。現地に身を置くことによって日本にいた時には見えなかった自分の課題が見えてくるので、目的意識を持って学習する事ができます。

例えば

「挨拶はできるけど雑談が苦手だからアドバイスが欲しい。練習もしたい。」

「今日友達と話してて、言いたいことがあったのに英語で何と言っていいかわからなかった。教えて欲しい。」

のように、具体的なテーマを持ってレッスンする事ができます。そうすると、自分の生活に直結したすぐに役立つ英語が身につきます。

また、慣れ親しんだ先生と話す事によって安心感も得られ、また明日から頑張れるように背中を押してもらえるでしょう。

時間とお金を節約したいけどレッスンを受けたいという方におすすめなオンラインレッスン。

ワーホリや留学、海外旅行前に 『英語を勉強しておきたい』 『少しでも英語に慣れておきたい』 と考えている方は多いのではないでし...

リスニング・会話の練習

リスニングができなければ流暢に話すことはできませんので、まずはリスニングを鍛えます。好きな洋画や海外ドラマを英語の音声と英語の字幕で見ましょう。

同じものを繰り返し見てください。

初めは全くわからなくても、徐々に耳が慣れてきます。

他にはスマホアプリもおすすめです。

英会話の学習アプリは音声が付いているものがほとんどです。

いつでもどこでも聞けるので、できるだけたくさん英語に触れる時間を作りましょう。

わからない単語や表現があった時にすぐ解説を表示できるものだと尚更良いですね。

耳が慣れてきてボキャブラリーや文法の基礎もついてきたら、会話を実践してみましょう。

ネイティブスピーカーのお友達と話すのも良いですが、もし言語学習のプロと会話をしたければおすすめなのはオンライン英会話。

Skypeを使って世界中の講師とつながることができ、料金もお手軽なのが魅力です。

オーストラリア人の先生やオーストラリア在住の先生を検索してみるのも良いですね。

発音も大事!基本を学び練習しておこう

英語を学ぶ上で『発音』も大切。

そもそも発音が良くなければその単語の意味すら通じません。

ここからはネイティブに近くための発音の練習方法をご紹介します。

英語と日本語の基本的な発音の違いを理解する

まず始めに、私達の母国語である日本語とヨーロッパ発祥の英語は根本から大きく異なり、たとえアルファベットで表記されていてもほぼ同じ音は無いと考えてください

一般的に言語は生まれた場所が離れれば離れるほど共通点が少なくなると言われますが、地理的に見ても英語の発祥地であるイギリスとアジアの一番東にある日本は遠く離れていますよね。

これが日本人は英語の発音が苦手と言われる理由なのだと私は考えています。

母音と子音

言語の発音は「あ、い、う、え、お」などの母音と「B、C、K、D、V、L」などの子音に分けられますが、この一見シンプルそうな母音ですら英語と日本語では発音が違うのです。

Aの発音だけでも英語には何パターンか存在しますが、あえて日本語でいうならば「エァ」と発音されることが多いと考えられます。

そのため、「And」は「アンド」では無く「エァnd」が日本語でいうならば一番近い表記です。

この母音の存在しない「nd」の発音についての説明は後述しますが、まずはこの母音の違いを理解し、発音のベースを作っていきましょう!

母音

それじゃ英語には「あ」って音はないの?と考える方もいらっしゃると思いますが、実は日本語の「あ」に一番近い英語の母音は単語の先頭で発音される「U」です。

思い返してみると、初めて「Understand」という単語を習った時、スペルを「ウンダースタンド」と覚えた方も多いので無いでしょうか?

実はこの単語は英語の発音規則にしっかりと則った単語であり、先ほどの「A」の発音も合わせて日本語で表記してみると、「アnダrsテェnd」という表記が一番近いと考えられます。

もちろん「A」と「U」以外の母音の発音も違いますので、英語の発音を勉強する際にはこのような違いを意識して学びましょう!

それでは、次は子音について考えていきましょう。

子音

実は上記した母音以上に日本語と違うのがこの子音です。

日本は常に母音と子音がセットで発音される珍しい言語で、日本語を母国語とする人が英語を聞いたときに聞き取れない、自分の口から同じ発音が出来ない、などの問題の根本にあるのがこの違いです。

例えば、母音の説明でも利用した「And」の「nd」に部分は、日本語話者ですと
「nd」=「ンド」と考えてしまいますが、実はこれでは「mdo」という発音になってしまいます。

そうなると英語ネイティブの方々の耳には母音の違いも含め、例えるなら「Umdo」と言っているように聞こえてしまう訳です。

発音の練習方法

それでは、この日本語特有の癖を無くすため、まずは「ド」から母音を抜いて発音してみましょう。

音をなるべく伸ばさず下で上歯茎を弾く勢いで「ドゥ」を発音してみてください。

ただの効果音のように聞こえてきたらそれが母音を抜いた「d」の発音です。

自分が納得するまで練習してみましょう。

その次は「N」の発音です。

日本語の「ん」には母音は含まれていないので、一見簡単そうに思われるかも知れませんが、実はこの「ん」の発音では英語でいう「m」の発音になってしまうのです。

日本語では「ん」を発音する際に唇を閉じて、鼻から息を抜く音を使いますが、英語の「n」は口を軽く開けたまま舌を上の歯の後ろにつけ、そのまま音を出します。

そう考えてみると、「nd」の二つの子音両方とも舌が上の歯の後ろにくるのでそのまま素早く発音できますよね。それでは、上記の母音も含め「and」を発音していきましょう。

「a」はエァ、口を開けたまま舌を上にあげ「n」、最後に上にある舌を強く弾き「d」です。いかかでしょうか?リズムよく滑らかに「and」と発音できたら完璧です。

L・R・F・Vの発音

最後に、最も難しいとされる、日本語には存在しない発音の子音のリストと発音法を記載したいと思います。

  • L ・・・上記のDの舌の動きをイメージし、そのままの動きで「ら」を発音する。慣れ てきたらさらに舌を前に出し、上の歯の真裏に当て弾く時に「ら」と発音。
  •  R・・・舌を丸めるというより、舌の奥の方を上に持ち上げるイメージで「あー」と発音。くぐもった音が発音できたら成功です。
  •  F・・・日本語の「ふ」では「hu」の発音になってしまうので、下唇を上の歯で軽く噛み、その隙間から息を出すような感覚で発音します。慣れてきたら素早く唇を噛み「fa」と発音できるようにしましょう。
  • V・・・難しそうですが、Fと全く同じ口の動きで、「ぶ」をイメージして声を出すとVの音になります。実は、上下の唇を使って発音するのがBとP、上唇の代わりに上の歯で下唇を噛んで発音するのがVとFです。

上記した子音以外にも英語と日本語の発音には細かい違いが存在します。まずは一つ一つの音を辞書や発音表をみて確認し、日本語の癖を無くすように練習していきましょう!

自分の発音がネイティブに近づくと、自ずとリスニングも上達していきます。日本人が英語を聞き取れないのは実は全く違う音で英語を捉えてしまっているからなのですね。


【私の経験】後悔をバネにして英語を習得

私は英語が全くできない頃にアメリカ、TOEICで950をとってからオーストラリアと、英語が不得意な状況と得意な状況、両方の状態で海外に飛び出した経験があります。

やはり英語ができない頃はどうしても日本人同士や英語が苦手な語学学校のクラスメイトなどとばかりつるんでしまい、ネイティヴスピーカーと話す機会があってもなかなかうまくいかず、友達関係を築くのに大変な思いをしました。

日本に帰国する頃には、アメリカに来る前にもっと英語が身についていればより多くのことに挑戦できたのに、と後悔しました。

その後悔をバネにしてオーストラリアではとても充実した生活を送ることができ、友達もたくさんできました。結婚もしました。問題が生じても自分で解決することができました。

ワーホリ渡航後の過ごし方

ワーホリなどで海外に行く際に、様々なサイトで目にすることがある文言かもしれませんが私も同じ意見で、海外に行くだけで英語は上手くなりません。実際に、海外に行くだけで英語が上手くなると思って、ワーホリに来ている人もいました。

もちろんそういう人は英語が伸びませんし、伸びたとしても少しです。英語を常に勉強している人と比べれば差は一目瞭然です。

私自身も英語への努力は足りてないと感じています。勉強量としては少ないかもしれませんが、カナダでの生活に関しては特に不安はありませんでした。

もっと勉強してスムーズに話せるようになっていれば、楽しめる幅が広がったのにと感じました

語学学校

私はワーホリに行く前にバンクーバーで1ヶ月間語学学校に行きました。朝から夕方まで授業で家に帰ってからも英語の宿題がありますので、強制的な英語環境であり、嫌でも英語力は伸びます。

正直1、2週間では異国の地になれて、英語がなんとなく聞き取れるかなぐらいのところまでしか行きません。語学学校に入るのであれば1ヶ月〜数ヶ月ぐらいは入る方がいいでしょう。

日本人と距離を置く

これもよく言われることですが、本当に英語を伸ばしたいのであれば、休み時間や放課後に日本人だけで集まることはやめましょう。日本人同士で集まるのが日本人のダメな習慣で、その場はどうしても日本語になってしまいます。ダメだとわかっていたのですが、当時あまり積極的でなかった私も、実際にそうなってしまいました。

悪いとは言いませんが、英語力向上の妨げになりますのでオススメはしません。
本当に困った時以外は日本語を避けて、他の日本人といる時も外国人を交えて英語で喋るようにするといいでしょう

日々の勉強が何より大切

私がワーホリ中にしていたのは、仕事や友人、生活での会話で分からなかった単語などを調べてノートに記載していました

その他には、日本で見たことがある映画などをインターネットや、街にある図書館でDVDをレンタルするなどして、英語の音声と英語字幕で見ていました

Tedというのもオススメです。オンラインやアプリで無料で観れる10分前後の英語でのスピーチです。様々な人が、様々な話題に関してスピーチしています。時間も短く議題もたくさんありますので、興味がある話題に関してのスピーチなら、さらっと見ることができるでしょう。

https://www.ted.com/talks

ワーホリには心構えがなくてもビザと航空券さえあれば、行くことができます。しかし、心構えがしっかりしているだけで、現地での行動のバリエーションが増え、海外での生活がスムーズにいくことでしょう。

【まとめ】ワーホリを充実させるなら英語を勉強しよう

ワーキングホリデーに行く理由が何にしろ、言語ができればできるほど、さまざまな事に挑戦したり楽しんだりする余裕が生まれます。

その方が、充実したワーキングホリデー生活が送られると思いませんか?

英語の勉強に関しては、継続的に続けましょう。努力しなければ英語が話せるようにはなりません。できるのであれば、海外に行く前から勉強していれば、行ってからできることが増えるのでお勧めです

ワーホリの心構えとしては、しっかりと目的を持って行くこと。目的を持って行くことでやりたいこと、するべきことがはっきりしてくるので、無駄な時間がなくなります

英語学習に無駄な事も近道もありません。何でも自分のできる事から始めてみましょう。

ワーホリや留学に必須の記事

【クレカ】ワーホリ・留学におすすめのクレジットカード
【英語勉強】おすすめのオンライン英会話特集

関連記事

NO IMAGE

ワーホリGOメインコンテンツ

スペインのクレジットカード事情・手数料や使い方を解説します

ドイツのクレジットカード事情・手数料や使い方を解説します

【イタリアのクレジットカード】使い方や使えない場所、手数料などを解説

【CBDオイル】高城剛氏おすすめのCBDオイルを使った感想

エポスカードの海外キャッシング繰り上げ返済の方法や手数料を解説【お得】