【カナダワーホリ】現地クレジットカードを作る方法(ワーホリでも作れました)

ワーホリGOをご覧のみなさん、こんにちは!カナダ在住のaikaです。

ワーホリで海外生活をするという方は、『現地のクレジットカードを作りたい』と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、カナダではワーホリでも現地のクレジットカードを作ることができるのです。私もワーホリ時代にカナダでクレジットカードを作ることができました。

そこで今回の記事では、ワーホリの方の『カナダでのクレジットカードの作り方』や『作れなかった場合の他の方法』『日本のクレジットカードとの違い』『クレジットカードを不正利用された時の対処法』などを実体験に基づいてご紹介したいと思います!

カナダでは基本的になんでもクレジットカード払い

カナダはクレジットカード社会です。

私も日々、カナダでクレジットカードを使います。

普段の買い物やネットショッピングをするときはもちろん、携帯電話料金や光熱費の支払い、カフェでコーヒーを飲む時でさえクレジットカード。

現金を持ち歩くことはあまりありません。それぐらい、カナダではほぼどこでもクレジットカードが使えます。

クレジットカードを使うメリット

クレジットカードを使うメリットは手持ちの現金がなくても買い物ができる以外にも、

  • 小銭をジャラジャラ持たなくていい
  • ポイントが貯まるorキャッシュバックがある
  • 使った分は履歴が残るので記録として便利
  • 給料日後に決済できる
  • カナダ以外の国に行ったときにもその日のレートで使える
  • クレジットヒストリーを構築できる※1

※1クレジットカードを使ってきちんと返済する、というのを繰り返して金融機関の信用を構築していくシステムです。アメリカやカナダではこのヒストリーが大事で、賃貸契約やローンを組む時などの審査に必須となります。

クレジットカードのメリットがわかったところで、ワーホリの方がクレジットカードを作る手順についてご紹介していきましょう。

カナダのクレジットカード作成方法

カナダでは、ワーホリの方でもクレジットカードを作れる場合があります。

ここからは、私がワーホリ時代にクレジットカードを作った流れをご紹介していきます。

ワーホリが作れるのは銀行のクレジットカード

ワーホリで作ることのできるクレジットカードは、銀行のクレジットカードになります。

ワーホリの場合は仕事をする方が多いので、ほとんどの方がカナダ到着後、すぐに銀行口座を開設します。

私も同じように、銀行口座を開設するためにBMO銀行に行き、手続きをお願いしました。

この時必要なものは以下の3点です。

  • パスポート
  • ワーホリビザ
  • SIN

もともと口座開設だけが目的だったので、口座開設手続きの最中に銀行の担当者から、「クレジットカードも作りますか?」と勧められたので驚きましたが、作れるのなら作っておこうと思いクレジットカードの作成も合わせてお願いしました。

種類もさまざまなものから選ぶことができる

銀行のクレジットカードですが、種類もさまざまなカードがありました。

ブランドもVISAとMasterどちらかを選べます

また、マイルを貯めることができるカードや、ほかのポイントが貯まるカードなどさまざまなカードがありました。

その中から私が選んだのは、『キャッシュバック機能付きのクレジットカード』です。

これは、利用金額の1%がキャッシュバックされるというもので、たとえば$100をクレジットカードで支払うとその1%の$1がキャッシュバックされます。

クレジットカードの限度額

この時に作ったクレジットカードーの利用限度額は$500と少額でした。

$500なんてすぐに使ってしまうので、限度額を引き上げられないかと交渉しましたが、ワーホリビザでは無理だと断られました(その後、永住権を取った後に限度額は上がりました)。

ちなみに、年会費は無料でした。

クレジットカードが作れない場合も

このように、私は何も知らずにスムーズにクレジットカードが作れました。

そのため、ワーホリの方は誰でも作れるものだと思っていたのですが、同じワーホリビザで来ている友人たちは、誰一人クレジットカードが作れたという人はいませんでした。

タイミングだったのか、担当者の権限によるのか?どのような審査をしているのか?理由はわかりません。

しかし、私のように作れるケースもありますので、まずは試してみる価値はあると思います。そしてダメだった場合に、もう一つ方法があります。

次の段落でその方法についてご紹介いたします。

クレジットカードのようなセキュアカードなら誰でも作ることができる

クレジットカードは作れなかったが、ワーホリであれば誰でも作ることができるカード、それは『セキュアカード』という種類のカードです。

セキュアカードも銀行で作ることができます。

セキュアカードとは

セキュアカードの特徴は以下のとおりです。

  • 見た目はクレジットカードとほぼ同じ
  • ポイントが貯まる
  • クレジットカードヒストリーが構築できる
  • 利用限度額分を担保として口座に入れておく必要がある

ここで注意が必要なのは、利用限度額分を担保として口座に入れておく必要があるのですが、このお金は使うことができません

担保なので、このお金とは別に、毎月コツコツとカードを使い、きちんと返済を積み重ねることで、クレジットヒストリーが構築されていきます。

このクレジットヒストリーが構築され、信用が積み重ねられると、その後クレジットカードを作ることができるかもしれません。

クレジットカードの支払い方は日本と異なるので注意!

日本では、クレジットカードを作る際に引き落とし口座を登録して月に一回自動的に引き落とされるのが一般的ですが、カナダは違います。

銀行のウェブサイトやアプリに自分からアクセスし、オンラインバンキング内で自分の口座からクレジットカードの支払いへトランスファー(移動)する必要があります

オートペイメント(自動引き落とし)の設定をすることはできますので、支払い忘れで利息がついてしまったり、クレジットヒストリーに傷をつけたりしないためにも、オートペイメントの設定をおすすめします。

限度額以上を使いたいといった場合の裏技!?

前述したとおり、自分でいつでも支払いができるということは、限度額まで使っても、すぐにオンラインバンキングで支払いをすればすぐにまた限度額まで使うことができるということです。

そして、限度額以上の買い物もある方法をおこなうことで、可能となるので、その裏技をシェアしますね!(もちろん合法なのでご安心ください)

私は以前、1000ドルほどする航空券を購入するためオンラインでクレジットカード決済する必要がありました。

利用限度額は500ドルです。クレジットカード会社に電話して今日だけ限度額を上げてくれないか?といった交渉をしましたが無理でした。

しかし、『オンラインバンキングから先に使いたい金額をクレジットカードの方にトランスファーしておけば、その金額分の決済ができる』ということを教えてもらい、その方法で無事、航空券を購入できました。

この裏技を知っていると限度額以上の買い物をすることも可能なので実質、制限が減りますね。

クレジットカードが不正に使われているときは

クレジットカードで怖いのが不正利用です。

私は一度、不正利用に合いました。明細をチェックしていると心当たりのない請求があったのです。

ネット決済と思われるようなもので3ドル以下の請求が9つほど、100ドル以上の請求が1つ。

もうその分の支払いは終わった後でしたが、すぐに銀行に行きました。

銀行では不正請求の手続きはできないとのことで、カード会社へ電話するよう言われ、カード番号を変える手続きをしてくれました。

すぐにカード会社に電話し、「これとこれの支払いは身に覚えがない。disputeしてほしい」(この場合refundではなくdisputeという単語を使います)と伝えると、すぐに手続きをしてくれて数日後にそのクレジットカードにお金が戻ってきました。

とても簡単でびっくりしましたが、一定期間を過ぎてしまうと請求ができなくなってしまうので、こまめに明細はチェックしましょう

まとめ

いかがでしたか?今回はワーホリでもクレジットカードを作る方法をご紹介しました。

私の場合は記録の残らない現金生活よりも、すべての使用記録が残るクレジットカードの方が無駄遣いが抑えられていいなと感じています。

また、銀行が窓口となっていることも意外と便利です。最初のカードは限度額が少額だったりセキュアカードだったりしますが、クレジットヒストリー構築のためにコツコツと毎月クレジットカードを使って、信用を積み上げていきましょう^^

もちろん、カナダでは日本のクレジットカードを使うことも可能ですが、せっかくの機会なので、カナダでもクレジットカードの作成に挑戦してみてはいかがでしょうか?

【ワーホリにおすすめのクレジットカード】

ワーホリ(ワーキングホリデー)に行くことを決めたのなら、必ず準備をしなければならないものがあります。 それが『クレジットカード』です。 ...

【カナダのクレジットカード事情】

ワーキングホリデーや留学、旅行などでカナダに行く際にはクレジットカードまたはデビットカードが必ず必要です。 また、カナダのクレジットカード...

関連記事

【カナダワーホリ持ち物】渡航の際持って行ったカバンやスーツケース

カナダワーホリから永住権へ。実際に取得した私の体験談をご紹介します

【体験談】カナダでスキーのインストラクターをするための資格とは?

【カナダワーホリ】持ってきて良かった物・必要ない物をご紹介!

【カナダワーホリ】バンクーバーの語学学校「ILAC」に通った感想

【カナダワーホリ持ち物】実際に持って行ってよかったもの8選ご紹介