【カナダワーホリ】サーモン工場の仕事とは!?英語の使用頻度や時給など

皆さんは、『サーモン工場のアルバイト』にどんなイメージをお持ちでしょうか?

「工場の仕事は単純作業だからつまらなそう」とか「お給料が安そう」というイメージを持ってる方が多いのではないでしょうか。

私はカナダワーホリ中に、サーモン工場で働いた経験があるので、その時のことを当記事で皆さんにシェアしたいと思います。

サーモン工場の仕事内容は?時給は?英語の使用頻度は?大変だったことは?など、サーモン工場の仕事が気になっている方は、ぜひご覧ください!

サーモン工場の仕事内容

サーモン工場でおこなう主な仕事内容は、サーモンをはじめさまざまなお魚の加工やパック詰めです。

魚をさばき、骨や内臓を取り除いて冷凍したり、カットしてスモークしてパッキングしたりと、一言に加工といっても工程は多岐にわたります。

私の勤務していたサーモン工場の1日の流れは以下のとおりです。

8:00 出勤
8:10 作業開始
10:10 10分休憩
10:20 作業再開
12:10 お昼休憩
13:10 作業再開
15:10 10分休憩
15:20 作業再開
16:40 片付け開始
17:00 退勤

8:00〜17:00まで、実働は6時間半でした。

サーモン工場では、英語をどれぐらい使用するのでしょうか?次の段落で解説します。

英語の使用頻度はどれぐらい?

私が働いていたところはアジア人が中心の工場だったため、日本人6人、中国人8人、韓国人1人が働いていました。

基本的に日本人の先輩から指示をもらうことが多かったため、日本語を使用していましたが、日本人以外の方との作業では英語で指示をもらうため、英語を使う機会もそれなりにありました。

また、中には英語が全然話せない方もいましたが、そういった場合は同じ国籍の人に通訳をしてもらって作業をしていました。

私がサーモン工場を選んだ理由とは

私がカナダでサーモン工場の仕事を選んだ理由は、以下の2点です。

  • 1ヶ月の短期でも即採用
  • 時給が良い

それぞれ解説していきます。

1ヵ月の短期でも即採用

当時、ハウスキーパー(ホテルの清掃員)として働いていた私は、帰国まで残り1ヵ月となったところで、オフシーズンに入ってしまったため仕事が激減しました。

新たに仕事を探そうにも、1ヵ月という短期で雇ってくれそうなところは少なかったです。
そんななか、『1週間~の短期でも大歓迎』というサーモン工場の広告をみつけました。

すぐに応募をし、次の日に面接をして即採用となり、応募した2日後には働き始めることができました。

時給が良い

私が働いていた当時(2016年)のBC州の最低時給が$11.35(約900円)だったのですが、サーモン工場の時給は$14(約1,120円)でした。

ホテルの清掃員の時給が$12(約960円)だったので、時給$2(約160円)UPは大きかったです。

また、ジャパレス(日本食レストラン)だと時給$10(800円)などの最低賃金以下で雇っているところも多いので、そう考えると、サーモン工場の時給は比較的高いと言えるでしょう。

サーモン工場の仕事は案外楽しい!

私が実際働いてみて感じたのは、想像していたよりも作業の種類が多く飽きないということです。

実際に私が行った作業は『魚をさばく』『魚の内臓を取り除く』『魚を洗う』『骨を取り除く』『魚を干す』『魚を調味料に付ける』『魚を冷凍するトレーに並べる』『冷凍された魚を箱詰めする』『魚を真空パック詰めする』『商品シールを貼っていく』『加工された魚をスライスしていく』などでした。

こうしたひとつひとつの作業でも、さらに細かく作業工程が分かれています。

パック詰めでも様々で、生魚の切り身の真空パックと加工食品のパック詰めの作業工程が違います。

加工品の場合はパック詰めした際の見栄えをよくするために、スライスしたスモークサーモンをきれいに並べる作業が間に入ります。

こうして作業内容が多岐に分かれているため、つまらないと感じることはなかったです。

また、1つの作業を1時間ほど集中して行うため、作業もはかどりますし、ゲーム感覚でひたすらに業務をこなしていくので案外楽しかったです。

サーモン工場の仕事で大変だったこと

前述のように、案外楽しかったサーモン工場の仕事ですが、やはり大変なこともあったので、ここから紹介していきます。

サーモン工場の仕事は、寒い

サーモン工場が辛いと感じるのはとにかく寒いところです。

取り扱っているのが生ものなので、作業場も魚が傷まないように低い温度に設定されています。

冷蔵庫の中で作業をしていると考えていただけたら分かりやすいと思います。

サーモン工場の仕事は、臭い

そして、においも働くうえで辛い部分です。

とにかく生臭いですし、スモーク加工をする場合は服にも臭いが染みつきます。

自分自身は3日も働けば臭いには慣れてしまうのですが、帰宅した際にハウスメイトに「香ばしい臭いがする」と言われます笑

サーモン工場の仕事は、重い

これはきっと男性が辛いと感じる部分だと思うのですが、工場作業では重いものを運ぶことが多いので、体力に自信がない方だと大変だと思います。

私はサーモンの箱詰めを経験したのですが、5キロほどのサーモンを両手に持ち、箱に次々と運んでいくので、次の日は腕の筋肉痛がひどかったです。

通常女性は力仕事を任されないのですが、力があると分かると女性でも力仕事を任されますので、力仕事を避けたい場合はか弱さをアピールをしましょう!

【まとめ】悩んでいるならぜひ試してみてください!

もしあなたが、仕事がないと悩んでいるのであればサーモン工場で働いてみるのもいいかもしれません。

時給も良いですし、すぐに働き始めることができます。辛いと思ったらやめてしまっても問題ありません。まずは試してみないと分からないこともあるかもしれませんよ。

【関連記事】

ワーキングホリデーで働くのであれば、「英語力が伸びる仕事をしたい」と考えている方は少なくないでしょう。 そこで、私が皆さんにおすすめをした...

関連記事

【カナダ】トロントのダンススタジオをご紹介!ダンスしたい方必見!

カナダワーホリを始めるのにおすすめの時期は?実際の経験をもとにご紹介

【カナダの病院】トロントで風邪と蕁麻疹に!病院にかかるにはどうすればいい?

【体験談】カナダで働いたレストラン・ローカルジョブゲットのコツ

ウィスラーのカウントダウン・クリスマス・ハロウィンイベントを紹介

【カナダワーホリ】実際に持って行った持ち物③夏の服装編