【カナダワーホリ】銀行口座の作り方・開設方法や注意点をご紹介

ワーホリGOの読者のみなさま、初めまして。

私は現在カナダにワーホリ中で、先日銀行口座を開設したばかりです。

ワーホリや留学で海外生活するのであれば、現地の銀行口座を開設することは必ず必要です。

そこでこの記事では、私が実際におこなったカナダでの銀行口座の開設方法と注意点をご紹介します。

カナダワーホリで必要な銀行口座の開設

ワーキングホリデービザを通して、長期でのカナダ滞在に大切な手続きのひとつが『銀行口座の開設』です。

カナダでは基本的に現金を持ち歩くという習慣がありません。

一般的には、普段のスーパーで少額の買い物でも「デビットカード(銀行のキャッシュカード)」や「クレジットカード」を使用して買い物をすることがほとんどです。

小銭を持ち歩かなくて済むので楽なことはもちろん、セキュリティー面からも、 長期で滞在する方はカナダ現地ですぐに口座を開設しましょう。

いざ、カナダで銀行口座を開設しようと思っても、一体どこの銀行で開設すべきか悩んでしまいますよね。

まずは、カナダの主な5大銀行についてご紹介します。

カナダの主な5大銀行

まずは、カナダの主な5大銀行をご紹介します。

カナダには、以下の銀行がメインとして使用されています。

  1. RBC(Royal Bank Of Canada)
  2. TD Canada Trust(TD)
  3. BMO(Bank of Montreal)
  4. CIBC
  5. Scotia Bank

それぞれの銀行の特徴を解説していきます。



1.RBC(Royal Bank Of Canada)

業界第 1 位とされるRBC。元々は、モントリールで設立され現在ではモントリオールとトロントに本社を置きカナダ全土に展開されています。またカナダ最大の銀行です。

支店に日本語を話せるスタッフが不在の場合でも、日本語の通訳サービスが無料で受けられるので支店に関係なく安心して口座開設が出来るのが心強いようです。

https://www.rbcroyalbank.com/personal.html

2.TD Canada Trust(TD)

RBCに次ぐカナダ国内2番目に大きい銀行です。カナダ全土に支店が多くあります。バンクーバーのダウンタウンの支店では、日本語窓口があるので安心して口座開設が出来るのが心強いようです。日本語窓口を使用する際には、電話予約が必要となります。

また、半年間はどのプランでも口座維持費無料なのも嬉しいですね。

https://www.td.com/ca/en/personal-banking/

3.BMO(Bank of Montreal)

モントリオールで設立されカナダで最も古い銀行で現在では、トロントに本社が位置します。日本語通訳サービスはなく、韓国人が多く利用しているようです。1年間無料で口座を使用できます。

https://www.bmo.com/main/personal



4.CIBC

1867 年にトロントで設立され、カナダのトロントに本社があります。アメリカやイギリス、またアジアへ進出し、国際的にも業務を展開中のCIBC。支店が多くあり、カナダ国内のほとんどのセブンイレブンにATMが設置されています。

また、カナダ国内初ATM を導入した銀行なんです。口座維持費が1年間かからないのでワーホリの方に人気があります。

https://www.cibc.com/en/personal-banking.html



5.Scotia Bank

トロントに本社が位置し、アメリカやメキシコをはじめとする、世界 50カ国に巨大な支店を持つScotia Bank。日本語を話せるスタッフがいるので、電話で予約を取ることができます。

https://www.scotiabank.com/gls/en/index.html

それでは次の段落から、銀行口座の解説方法をご紹介していきます。


銀行口座の開設方法、私が実際におこなった方法

口座開設するに当たって必要なものを準備していきます。



必要書類

口座開設に必要なものは以下です。

  1. パスポート
  2. ビザ
  3. 住所:口座開設の際に、住所を記入するので仮住所ではなく住む家が決まっている必要があります。
  4. 電話番号:現地の携帯電話番号を記入します。
  5. e-mailアドレス:Gメールなど無料のメールアドレスで構いません。

口座開設手順

口座開設の申し込み

では、銀行に行く前にオンラインから予約しておくとスムーズに手続きができます。

私は、『CIBC銀行』に事前にオンラインで予約しておきました。

そのおかげで銀行のフロントでは予約画面を見せるだけで、口座開設したということが伝わり、待ち時間なくスムーズに別室に通されました。

ちなみに、予約していない場合でも口座開設はできるようです。

「I’d like to open a new account, please.」

と伝えると専用の窓口に案内されます。

混み具合にもより異なりますが、案内されてから開設完了までは、およそ20~30分ほどで開設できるでしょう。

個室に通されると、準備してきた必要な身分証明を見せるよう指示されます。

身分証明には、パスポートとビザを提示することで問題なく手続きに取りかかれました。

プランの説明

パスポートとビザを提示した後に、プランの説明を聞きます。

私は、事前にインターネットで開設したいプランを調べていたので、『CIBC銀行』の

「CIBC Everyday Chequing Account:Foreign Workers」

と伝えるとスムーズにできました。

契約書にサイン

書類にしっかりと目を通してサインします。

ここでは、何枚もの書類をもらいます。普通口座と当座銀行2つを開設することになるのが一般的なようです。

支払いの際には、普通を使うように言われました。

当座を使用すると手数料がかかるので注意とのことですが、2つの違いなど不安点が残らないように確認。

他にも不安点や聞き間違えの内容に分からないことや疑問点はよく確認すると良いでしょう。

デビットカードかクレジットカードもしくは両方作るかなど聞かれました。デビットカードで十分にカナダ生活ができるので筆者はデビットカードを作成、即日に発行されます。

クレジットカードを作ると手数料がかかることもあるので、よく契約書を確認することが大切です。

パスワードの設定

2つの暗証番号を設定するので、事前に考えておくとスムーズです。

  1. 1.ATM用の暗証番号:4ケタ
  2. 2.オンラインバンキング用の暗証番号:6ケタ以上(英数字を考えました。)


銀行口座開設の注意点

銀行口座開設の注意点は以下のとおりです。

  1. キャンセル料がかかることもある
  2. ATMには引き出し限度額がある
  3. オンラインバンキングで口座管理

キャンセル料がかかることもある

キャンセル

は、ほとんどの銀行で口座開設から90 日未満で口座を閉鎖する場合$15 ほどキャンセル料金がかかることがあるようなので事前に確認しましょう。

ATMには引き出し限度額がある

ATMでの現金引出しには限度額があります。$2000以上など一定額以上の高額を引出す際には、銀行窓口で引出ししましょう。

オンラインバンキングで口座管理

カナダでは、紙の通帳はありません。

そのためオンラインバンキングでお金の動きを簡単に確認する事ができます。

口座維持費がかからないプランを開設したはずなのに引かれていたり、見に覚えのない引き落としがあったりなどないように確認することが大切でしょう。

私は、銀行のアプリを使用して、買い物をした際や給料が入金された際などこまめに確認するようにしています。


まとめ

いかがでしたでしょうか?カナダの銀行口座の開設方法をご紹介しました。

今回ご紹介した銀行は、安全性も信用度も高いので、お金を預けたり日本からの国際送金にも安心して使えます。

またカナダでは、日本とは異なり銀行維持費がかかります

しかし、1年間の維持費がかからない銀行もあるので事前に確認することが大切。

銀行開設の際には、住所と身分証を持って行くことでスムーズにできます。

また、英語に自信がない方は日本語対応できる銀行もありますが、せっかくワーホリに来ているので、頑張ってチャレンジしてみてくださいね。

その際は是非、この記事を参考にしてみてください。

ワーキングホリデーや留学、旅行などでカナダに行く際にはクレジットカードまたはデビットカードが必ず必要です。 また、カナダのクレジットカード...

ワーホリや留学に必須の記事

【クレカ】ワーホリ・留学におすすめのクレジットカード
【英語勉強】おすすめのオンライン英会話特集

関連記事

ワーホリの仕事、ハウスキーパー(ホテル清掃)で英語力を伸ばす方法!

カナダワーホリを始めるのにおすすめの時期は?実際の経験をもとにご紹介

【カナダワーホリ】マッサージの仕事ってどんな感じ?実際に働いていた私が教えます!

【カナダワーホリ】サーモン工場の仕事とは!?英語の使用頻度や時給など

カナダワーホリから永住権へ。実際に取得した私の体験談をご紹介します

【カナダワーホリ】バンクーバーの語学学校「ILAC」に通った感想