【セブ】世界遺産の絶景チョコレートヒルとアロナビーチに行ってきた

ワーホリGOをご覧のみなさんこんにちは!

セブ島に語学留学をしていた頃、学校を卒業して少し滞在期間があったのでボホール島にある世界遺産のチョコレートヒルアロナビーチ1泊2日で行ってきました。

ボホールはセブとはまた違った魅力がある島だったので、この記事はこれからボホールに旅行を考えている方の参考になればと、私の旅行記をシェアしたいと思います!

ちなみにボホール島はここ▼

ボホール島Bohol Island)は、フィリピン中部ビサヤ諸島であり、国内10番目の大きさを持つ。島全体が中部ビサヤ地方に属するボホール州である。人口は約114万人、面積は4,117km2。主な都市はボホール州州都タグビララン(Tagbilaran)。リゾートとして知られるほか、フィリピンメガネザルPhilippine Tarsier、ターシャ)という世界最小級の霊長類の生息地でもある。

出展:wikipedia

ボホール島の観光スポット

ボホール島には大きく3つの観光スポットがあります。

チョコレートヒル

石灰石でできた高さ30m-50mの草に覆われた円錐形の山が1,268個も並ぶカルスト地形「チョコレート・ヒル」(en)という場所があり、5月からの乾季には枯れ草のため茶色に見える。その異様な景観も観光名所のひとつである。中央部は不規則な地形の高原地帯である。
出展:wikipedia

 

ターシャ保護センター

今回は時間の都合で行けなかったのですが、世界最小のメガネザルターシャを見ることのできる場所です。あ、そもそも興味がなかったです笑

ちなみにこのターシャはすごく繊細な生き物で、過度なストレスを感じると自ら気に頭をぶつけて自殺してしまうそう。かわいそう。。。

アロナビーチ

パングラオ島のアロナビーチはヨーロピアンなどにも人気のビーチで、セブ島のようなビーチをホテルが所有しているスタイルではなく、ビーチはホテルに関係なく共有されているというところ。

ビーチは白浜のロングビーチで、ダイビングなども楽しめます。

持っていくといいもの

パスポートのコピーを一応持って行きましょう。港でIDを求められる場合があります。
酔い止めはチョコレートヒルに行くまでの山道で車酔いする恐れがあるので弱い人はあるといいです。
軽く羽織るものフェリー内やバス内はエアコンが結構効いています。



セブ島からボホール島へ

ではここから私が実際に行ったコースを紹介していきます!

セブ島からボホール島への行き方

セブ島からボホール島への交通手段は今のところ高速船を使うことになります。
片道2時間ほどかかります。

まずはセブ港のフェリーターミナル(pear1)を目指しましょう!タクシーを使うと便利です。その際、運転手さんにボホール島に行きたい旨を伝えるといいでしょう。

フェリー会社はOCEAN JET(オーシャンジェット)SuperCat(スーパーキャット)のどちらかになります。

各チケット売り場でタグビララン行きのチケットを買いましょう。金額は800ペソ、ビジネスクラスで1000ペソなのでビジネスをお勧めします!

一応時刻表を載せておきますが、旅行の際はこちらのリンクから最新の情報を確認することをお勧めします(英語です)

OCEANJET

セブ→タグビララン
06:00発 07:00発 08:00発 09:20発 10:40発 11:40発 13:00発 14:00発 15:30発
16:20発 17:40発 18:35発

タグビララン→セブ
06:00発 07:05発 08:20発 09:20発 10:30発 11:40発 13:00発 14:00発 15:30発
16:20発 17:30発 18:30発

Super Cat

セブ⇒タグビララン
08:45発 13:45発 19:40発

タグビララン⇒セブ
06:30発 11:15発 17:25発

フェリーを使う際、ターミナル使用料を支払うことになります。
25ペソです。その際渡される領収書は捨てずに持っておきましょう。あとで使用します。

タグビララン港到着後やること

2時間の船旅を終え、いざタグビララン港に着いたら、まずはキャッチを捕まえましょう。というか港から出るとたくさんの客引きがとにかく声を掛けてきます!

タクシー、自家用車、トライシクル、はたまたバイクの後ろに乗れ。
色々ありますが、好みの移動手段を選びましょう。

その際大事なのは、堂々と値切り交渉をすることです。弱いところを見せてはいけません。堂々と値切ることが大事です!ちなみに私は自家用車に破格で乗せてもらいました笑

タグビラランからチョコレートヒルへ

タグビララン港からチョコレートヒルに行くには、まず港からバスのターミナルに行く必要があります。バスターミナルまで連れて行ってもらったら、そこからバスに乗り、2時間半ほどかけてチョコレートヒルの入り口まで行きます。

ちなみにバスターミナルでは乗り合いのVANもあります。VANで行くのもありです。
私はバスで行きましたが。

結構な山道をガンガン飛ばしていくので、車酔いしやすい人は注意しましょう。
で、ここが入り口。

ここからさらに山を登ります。ここでも客引きがいます。素直にバイクの後ろに乗せてもらうと楽です。私は歩いて登りましたが、かなりキツいですのでお勧めしません笑

で、やっとの思いで到着します。チョコレートヒルズです!

ここで水分補給にココナッツジュースを飲むといいでしょう!売っています。

さすがにここまでかなり苦労してたどり着いたので、爽快感がありました!

私が行ったのは5月初旬だったのでまだ茶色くなってなかったですね。茶色くなるのは秋ぐらいだそうです。

帰りのバスを待っていると、乗り合いVANが来て、安くするから乗って行きなよと言われ、バスを待つ時間も勿体無かったのでVANで元来たバスターミナルまで戻りました。

以外と快適でした。

タグビラランからアロナビーチへ

チョコレートヒルから一旦タグビラランまで戻りました。

そこでまた自家用車のおじさんを捕まえて、【Booking.com】
でアロナビーチ近くに予めとっておいたホテルまで乗せてもらいました。

ホテルも安かったですが、まあ悪くはなかったです。

ちなみにこの時点で14時ごろだったかな?
そこからはビーチでゆっくり過ごしました。

そして2日目にセブ島に帰ることになるのですが、パングラオ島からタグビラランへの帰りはジプニーで帰るという荒業をしてしまい、凸凹道をガンガン飛ばすジプニーに人がどんどん乗り込んできて、カオスな状態になってしまいました。

そしてケツがめちゃくちゃ痛くなりました笑その代わり激安でした!

帰りも来た時と同じく2時間ほど高速船で帰りましょう。

私は1泊2日という弾丸で行きましたが、2泊でもう少し余裕があればゆっくりできていいですね。

では!

クレジットカードは、海外旅行に必ず必要と言っても過言ではありません。もちろん学生も。 いまは学生でも気軽に海外旅行ができますよね。...

関連記事

【オランダ旅行】費用・旅行記・卒業旅行のおすすめや口コミを紹介!

【フランス旅行】おすすめや持ち物・予算・卒業旅行や学生の旅行記をご紹介

【チームラボボーダレスお台場】口コミ・感想・混雑・ホントの評判

【イタリア旅行】おすすめや持ち物・費用・卒業旅行や学生の旅行記をご紹介

【台湾旅行】費用・旅行記・卒業旅行のおすすめや口コミを紹介!

【アメリカ旅行】費用や持ち物、おすすめなど卒業旅行や学生の体験談からご紹介