【ワーホリ体験談】ワイカリーのファームでオレンジ・オリーブの仕事

こんにちは、今回は南オーストラリアのワイカリーという場所でファームジョブをしているSさんの体験談。

ところで読者のみなさんは、ワイカリーという場所を聞いたことがありますか?私は恥ずかしながら聞いたことのない場所だったので、今回の体験談、非常に興味深かったです。

日本人のいない小さな街で働くSさんのファーム体験談。ぜひ読んでみてください。

ファームの場所は?

South AustraliaにあるWaikerie(ワイカリー)という街。本当に小さな街でwoolworthがあるくらいで遊べるようなところはありません。どこ見渡してもオレンジorグレープファームです。

ファーム名、働いていた時期とファームのシーズンは? 

コントラクターが契約している様々なファームに仕事に行くので、名前は把握できていません。この街にNippy’sという大きなオレンジの工場があって、この街で収穫されたオレンジがそこへ運ばれていきます。
時期は5月〜現在(6月)働いています。 ここのエリアは主にオレンジ、次いでグレープが主で、私が滞在していた間にグレープとオリーブのピッッキングが終了し、毎日オレンジと時々にマンダリンです。

どうやってファームを見つけましたか?

backpacker job boardで見つけました。ただ20件ほどapplyして返事がきたのは、たったの3件だけでした。apply数がサイトで見れるようになっているのですが、人気のものは100件を超えていて競争率は高めです。

ワイカリーへはどうやって行けますか?

Adelaideからpremier statelinerというバスで約2時間半($47)です。

セカンドは取れる?

取れると思います。 ただ1日に$96以下の稼ぎだと1日にカウントしてくれないので、稼ぎの低い私たちは2日働いて1日分のカウントをもらっていました。

仕事の話

ワーカーの国籍の比率は?

イギリス人がかなり多いです。ヨーロピアンも。最初、私が来た頃は日本人が3人いましたが今は私だけになり、その他アジア人も全くいません。

仕事内容を教えて下さい

◎オリーブ 枝からぷちぷち採っていく単純作業。

◎オレンジ はしごを使うのですが、これが相当重くて女の子にはかなりきついです。とても大きなはしごなので、高所が苦手な人にも不向きかと。とげも刺さるし楽な仕事ではありません・・

◎マンダリン 皮が柔らかいので傷つきやすく、ハサミをつかってピッキングします。オレンジよりも体力的には少し楽かと思います。

◎オニオンファクトリー ベルトコンベアーで永遠に流れてくる大量のオニオンから、腐ったものを取り除く作業。匂いが強烈で、気分がいつも悪くなります・・

仕事の日の1日のスケジュールを教えてください

 全てその日の気候や温度にもよりますが、
◎オリーブ 8:00am – 4:00pm ◎オレンジ&マンダリン 11:00am – 5:00pm ◎オニオン 9:00am – 4:30pm (オニオンの量によって変動)

ファームのマネージャーやコントラクターについて

コントラクターは見た目アジア人ですが、バックグラウンドがロシアなので国籍はよく分かりません。(英語苦手・・)彼女の旦那さんがオージーでよくピックアップ等でお世話になっていました。どこのファームもオージー経営でみんないい人でした。

気になるお金の話

歩合制?時給制?

オニオンファクトリーは時給、その他は歩合です。

1日にどれくらい稼げた?

オリーブ&オレンジは正直稼げないです。1日に$40 – 60ほど。オニオンは時給な分稼げますが、時期によって仕事があったりなかったり、時間も変動するのでなんとも・・

家の話

シェアハウス?ファームステイ?

シェアハウス。

家の環境は良かった?何人で住んで、国籍の比率は?

びっくりするくらい汚いです。今は慣れましたが12人住んでいてバスルーム1つ、虫とネズミとの共同生活は耐えれたものじゃなかったです・・国籍比率は私以外全員ヨーロピアンです。

家からファームまでの移動手段は?

車。

休みの日の過ごし方は?

何もすることがありません・・・むしろ休みがほとんどありません。

結局このファームはおすすめ?

正直おすすめしません。稼げないし日数を稼ぐのも謎のルールのせいで難しいからです。ただ、シェアハウスでの生活は楽しいです!

ファームで起こった珍事件、印象的なことは?

17日間仕事があるって言われていったオニオンファクトリーで三日間でクビになったこと・・・笑  私の他に3人いましたが、スピードが遅かったらしく全員クビに・・

仕事でキツかったこと辛かったことは?

とにかくオレンジの重いはしごをうまく操れるようになるまでがきつかったです。後は全身に湿疹ができて肌が荒れたこと。permacyで見てもらったら、木からでる白い粉(農薬?)だと思うと言われました。

ファームで英語が上達した?

アジア人が全くいない&イギリスのネイティブの子達とずっと一緒に生活していたので少しは上達したと思います。ただ日本語全く喋れないのもたまに苦しかったです・・

編集後記

いかがでしたか? ワイカリーのファームを見つけたのがオーストラリアのBackpacker Job Boardというサイトで、こちらにもファームの求人が多く掲載されています。ただ人気のファームは100人以上が待っているということ。そんな中、仕事をゲットして、ハードな環境で頑張っているSさんの経験は、きっとかけがえのないものになるでしょう。

関連記事

スタンソープのストロベリーファームでピッキング【ワーホリ体験談】

ミルデューラでメロンピッキング【オーストラリアファーム体験談】

【ワーホリ体験談】アデレードのワインファクトリーでの仕事

【ワーホリ体験談】ガトンのブロッコリー・レタスファームでの仕事

【ファーム体験談】ビアーワとタスマニアでラズベリーピッキング

【ワーホリ体験談】「自分が海外でどこまでできるか試したかった」