【クレジットカード】海外旅行に必要なカードおすすめはこれしかない!目的別に11枚をご紹介

海外旅行に行く際には、クレジットカードやデビットカードが必要です。

また、クレジットカードは、『目的に合ったもの』や『質の高いもの』を選ばなければ、損をしてしまうこともあるため、しっかりと選ぶ必要があります。

この記事では、これから海外旅行に行くあなたのために、目的に合ったクレジットカードをご紹介していきます!

【海外旅行に必要なクレジットカード7つの選び方】

  1. VISA・Master・AMEXブランドを選ぶ
  2. ポイント還元率で選ぶ
  3. 海外旅行保険付帯で選ぶ
  4. マイルで選ぶ
  5. サービスの充実で選ぶ
  6. 学生でも作れるカードを選ぶ
  7. 海外キャッシング利用手数料で選ぶ

これらのポイントを踏まえた上で、おすすめのクレジットカードを選びました。

ワーホリにおすすめのクレジットカードはこちら

目次

海外旅行におすすめの目的別クレジットカードはこの11枚

海外旅行には、以下の8種類のカードがおすすめです。

  1. エポスカード
  2. 横浜インビテーションカード
  3. 楽天カード
  4. 楽天プレミアムカード
  5. MUFGプラチナアメックスカード
  6. 三井住友VISAクラシックカード
  7. オリコ・ザ・ポイントカード
  8. アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカード
  9. SPGアメックスカード
  10. JALカードTOKYU POINT ClubQカード
  11. ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

【注意】

※一度に複数枚申し込む際には、2枚まで、多くても3枚までにしておきましょう。多重申し込みで審査に落ちる場合があります。

※多重申し込みの際にキャッシング枠を0にすることをおすすめしているサイトがありますが、キャッシング枠0にした場合、海外キャッシング(現地通貨を引き出すこと)ができなくなるため注意が必要です。

一覧

ポイント
還元率
海外旅
行保険
マイル サービス 学生 キャッシング
手数料
合計
エポスカード _ _ _ 3
横浜インビ
テーションカード
_ _ _ _ _ 1
楽天カード _ _ 4
楽天プレミアムカード _ _ _ _ _ 1
MUFGプラチナ
アメックスカード
_ _ _ _ _ 1
三井住友VISA
クラシックカード
_ _ _ _ _ 1
オリコ・ザ・
ポイントカード
_ _ _ _ _ 1
アメリカン・エキスプレス・
スカイトラベラーカード
_ _ _ _ _ 1
SPGアメックスカード _ _ _ _ _ 1
JALカードTOKYU
POINT ClubQカード
_ _ _ _ _ 1
ANA アメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
_ _ _ _ _ 1
セゾンブルー
アメックス
25歳以下
_ _ _ _ _ 1

【海外旅行おすすめクレジット①】ポイント還元率でおすすめのクレジットカード

ポイント還元率の高いおすすめのクレジットカードは以下の3枚です。

  • セディナカード
  • オリコ・ザ・ワールドカード
  • 楽天カード

 

【海外旅行おすすめクレジット②】海外旅行保険付きのクレジットカード

海外旅行保険付きのクレジットカードおすすめは、以下の3枚です。

これらのクレジットカードは全て年会費無料

そのため、海外旅行に持っていくだけで海外旅行保険が適用されます。

ただし、楽天カードの海外旅行保険を利用する場合は、楽天カードで旅行代金や航空券、電車などの支払いをしていることが条件となります。

それぞれを一覧で比較してみました。

横浜インビテー
ションカード
エポスカード 楽天カード
傷害死亡・後遺障害 2,000万円 最高500万円 最高2000万円
傷害治療費用 200万円 200万円 200万円
疾病治療費用 200万円 270万円 200万円
賠償責任 2,000万円 2000万円 2000万円
救援者費用 200万円 100万円 200万円
携行品損害
(荷物や持ち物の盗難や破損の保証)
20万円
(免責1事故3,000円)
20万円 20万円
キャッシュレス診療 あり あり あり
自動付帯/利用付帯 自動付帯 自動付帯 利用付帯

 

クレジットカード付帯保険は合算ができる

クレジットカードに付いている海外旅行保険の金額は、合算することが可能です。

ただし、以下の点に注意してください。

  • 合算できるのは異なるブランドどうし
  • 死亡保険は合算できない

例えば、疾病治療費用の場合、楽天カード(Master)の200万円とエポスカード(VISA)の270万円を合算することができるのです。

こちらの記事でも詳しく解説しています。

ワーホリ(ワーキングホリデー)に行く際には、海外旅行保険に加入するかどうかを検討するかと思いますが、中には、『クレジットカードについている海外旅...

エポスカードの海外での使い方などは以下の記事をご覧ください。

エポスカードは、海外旅行やワーホリ(ワーキングホリデー)、留学など、海外に持っていくカードとして、非常におすすめのクレジットカードです。 ...

【海外旅行おすすめクレジット③】マイルを貯めるおすすめのカード4枚

旅行好きであれば、航空会社のマイルを貯めて、マイルで旅行したい!

という方も多いかと思います。

マイルが貯まりやすいクレジットカードは以下の4枚です。

  • アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカード
  • SPGアメックスカード
  • JALカードTOKYU POINT ClubQカード
  • ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
マイル移行先
アメリカン・エキスプレス・
スカイトラベラーカード
27社(※1)
SPGアメックスカード ANA、JALなど40社以上(※2)
JALカードTOKYU
POINT ClubQカード
JAL
ANA アメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
ANA

※1

アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、エア タヒチ ヌイ、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

参照:アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカード

※2

ANA、JAL、エーゲ航空、中国東方航空、ラタム航空、アエロメヒコ航空、デルタ航空、アヴィアンカ航空、エアカナダ、エミレーツ航空、ルフトハンザドイツ航空、中国国際航空、エティハド航空、カタール航空、ニュージーランド航空、エールフランス航空、サウジアラビア航空、アラスカ航空、ゴル航空、シンガポール航空、アリタリア航空、海南航空、タイ国際航空、ハワイアン航空、エアベルリン、アメリカン航空、イベリア航空、ユナイテッド航空、キャセイパシフィック航空、ヴァージンアトランティック航空、アシアナ航空、ジェットエアウェイズ、ヴァージンオーストラリア、ブリティッシュ・エアウェイズ、大韓航空、ほか

参考:SPG

【海外旅行おすすめクレジット④】サービスが充実しているクレジットカード

海外旅行でのサービスが充実しているおすすめのクレジットカードは以下の3枚です。

エポスカードの海外での使い方などは以下の記事をご覧ください。

エポスカードは、海外旅行やワーホリ(ワーキングホリデー)、留学など、海外に持っていくカードとして、非常におすすめのクレジットカードです。 ...

【海外旅行おすすめクレジット⑤】学生におすすめのクレジットカード

学生でも申し込みができるおすすめのクレジットカードは以下の3枚です。

こちらの記事で、学生におすすめのクレジットカートについて詳しく解説しています。

クレジットカードは、海外旅行に必ず必要と言っても過言ではありません。もちろん学生も。 いまは学生でも気軽に海外旅行ができますよね。...

【海外旅行おすすめクレジット⑥】海外キャシング手数料の安いクレジットカード

海外キャッシング手数料を安く抑えたい!

という方には以下の2枚のクレジットカードがおすすめです。

 

クレジットカードブランドはVISA・Master・AMEX

クレジットカードには主に以下の5つのブランドがあります。

  • VISA
  • MASTER
  • AMEX
  • 銀聯
  • ダイナース
  • JCB

このうち、VISA、MASTER、AMEXの中から組み合わせて作っておくことがおすすめです

また、特にマイルやサービスなどにこだわらない方は、VISAとMasterで良いでしょう。

基本的にVISAは世界中のほとんどの店舗で利用することができ、次いでMasterが多いです(以下のグラフを参照)。

JCBは日本のブランドなので基本的に海外で使用できる店舗が少ないです。

引用元:https://nilsonreport.com/research_featured_chart.php

クレジットカードを作りたくない人はデビットカードでも可

それでも、どうしてもクレジットカードを作りたくないという人は、デビットカードがおすすめです。現金のみというわけにはどうしてもいかないので、デビットカードを作りましょう。以下におすすめのカードをご紹介します。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行の口座を開設することで作ることができるカードです(楽天銀行を開設しなくても作れますがせっかくなら作ってしまいましょう)。

クレジットカードと違って、分割払いやキャッシングはできません(海外キャッシングは可能)。

支払いの際は、クレジットカードと同じように支払いますが、楽天銀行に入金されている金額が支払い限度額となります。

ただし、限度額はご自身で設定した任意の金額となり、海外で利用する場合は、一日の限度額が20万円となります。

https://www.rakuten-bank.co.jp/card/

楽天銀行デビットカードのメリット

楽天銀行デビットカードのメリットは以下のとおりです。

  1. ポイント還元率が1.0%(100円で1ポイント)と高い
  2. 使いすぎる心配がない

楽天銀行デビットカードの注意点

こちらのキャッシュパスポートを利用する際の注意点は以下の2点です。

  1. デビットカードなので、楽天銀行に入金されている金額までしか使えない
  2. デビットカードが使えない場所がある可能性も

ご利用の際は、以上の点に注意してください。

海外旅行でクレジットカードは2枚以上がおすすめ

海外旅行に持っていくクレジットカードは、2枚以上をおすすめします。

その理由は以下の3つがあります。

  1. 海外旅行保険を合算できる
  2. 紛失・盗難にあう可能性がある
  3. さまざまな理由で使えなくなる場合がある

以下の記事でも実際に何枚のクレジットカードが必要なのかを詳しく解説しています。

ワーホリ(ワーキングホリデー)で必ず必要となるクレジットカード。 『よく2枚あればいいと聞くけど、実際に何枚あったら安心?』と疑問に思って...

さらに詳しく解説していきますね!

海外旅行保険を合算できる

海外旅行保険付きおすすめカードでも述べたように、条件によっては海外旅行保険は合算することが可能です。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

ワーホリ(ワーキングホリデー)に行く際には、海外旅行保険に加入するかどうかを検討するかと思いますが、中には、『クレジットカードについている海外旅...

さまざまな理由で使えなくなる場合がある

海外ではいつどんなトラブルが起こるかわかりません。

何かのトラブルでクレジットカードが利用できなくなった場合に、複数枚あると安心です。

海外で起こりうるトラブルには以下のものがあります。

紛失・盗難の可能性

紛失や盗難に備えて、クレジットカードを財布の中、普段持ち歩かないカバンの中、鍵付きのスーツケースの中など保管場所を分けて管理することをおすすめします。

また、紛失や盗難が合った場合には、すぐにそのクレジットカード会社の海外サポートデスクに連絡してください。

その際に、スムーズにやり取りができるよう、クレジットカードのコピーを取っておくこと、クレジットカードの番号をスマホの鍵付きメモなどに控えておきましょう。

そうすることで、盗難や紛失された場合にすぐに番号を調べることができます。

ATMに吸い込まれる可能性

意外と多いのがこれです。キャッシングなどでATMを利用しようと、カードを入れたにも関わらず、返ってこない時があります。

大抵の場合は、ATMを管理している銀行に連絡することで返ってきますが、どうにもならない場合もあるので、万が一に備えて別のクレジットカードを用意しておきましょう。

磁気不良で使えなくなる可能性

クレジットカードを読み取る磁気の不良が起こる場合があります。こうなると、カードを交換する必要があるので、使用していたカードは使えなくなります。

カードを止められる可能性

また、不正利用が疑われた場合、クレジットカード会社は優秀なため、すぐにカードを止めてくれます。しかし、これによって一時的にカードが使えなくなるため、別のカードを用意しておく必要があります。

次の段落では、海外旅行にクレジットカードが必要な理由を解説していきます。

現金はどうやって持っていく?

海外旅行に行くとき、必要なお金をどうやって持っていけばよいでしょう?まさか現金で何十万円も持って行く人はいないですよね

多くの現金を持ち歩くことは危険です。紛失する可能性もありますし、盗まれる可能性もあります。

現金は必要最低限で良い

ではどうやってお金を持っていけば良いでしょうか?

現金は日本の銀行に預けたまま、必要最低限の現金のみ海外旅行に持っていきましょう。

現金が足りなくなったらどうすればいい?

持って行った現金が足りなくなりそう!そんな時は、クレジットカードを使って現地のATMから日本の銀行に預けているお金を現地通過で引き出すことができますので安心してください(これを海外キャッシングと言います)

防犯の面からも現金は必要最低限にしよう

上記より、比較的治安の良いとされているオーストラリアやカナダでも、多くの現金を持ち歩くのはやはり危険な行為ですので、クレジットカードが必要と言えるでしょう

クレジットカードの引落としはどうなる?

クレジットカードを利用すると、毎月カード会社が定めた引落し日に、クレジットカード作成の際に登録した日本の銀行口座からお金が引落とされます。

この引落しの銀行口座は、日本の銀行口座しか登録できません。

つまり、日本の銀行口座にお金が入っていなければ、クレジットカード会社がお金を引き落とすことができなくなるため、注意しておく必要があります。

もし、クレジットカード料金を数ヶ月滞納してしまった場合、クレジットカードの利用停止、そして信用情報に傷がついてしまい、今後クレジットカードが作れないといったことになりかねません。

ですので、渡航前にはしっかりと日本の銀行口座にお金を十分入れておきましょう

また、海外からでも銀行口座の残高が確認できるように、ネットバンキングに登録しておきましょう。

万が一、銀行口座のお金が足りなくなりそうであれば、ご両親に頼んで銀行口座に入金してもらうことも対策のひとつです。

クレジットカードを利用する際の4つの注意点

ここでは、クレジットカードを利用する際の注意点を4つご紹介します。

  1. 支払いの際に現地通貨と日本円の支払いを聞かれた場合は「現地通貨」で
  2. アップルペイは使えない!?
  3. スキミングには注意する
  4. 海外キャッシングを利用した場合は繰り上げ返済がお得

【クレジットカード利用の注意点①】支払いの際に現地通貨と日本円の支払いを聞かれた場合は「現地通貨」で

海外で買い物や食事の支払いの際にスタッフから、「現地通貨で支払うか日本円で支払うか」どちらにするかを質問される場合があります。

この場合、『現地通貨』で支払うようにしましょう。

一見、日本円で支払えるのか、と安心しそうですが、実は日本円で支払うと手数料が発生。この手数料が高額に設定されている場合があるのです。

そのため、「Australia Dollar or Japanese Yen?」などと聞かれた場合、「Australia Dollar Please」と答えるようにしましょう。

【クレジットカード利用の注意点②】アップルペイは使えない!?

iPhoneユーザーであれば、クレジットカードをiPhone端末に登録して「iPhoneで支払おう」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、日本のクレジットカードを取り込んだiPhoneでのアップルペイ決済はできません。

日本のアップルペイと海外のアップルペイは全くの別物なので注意しましょう。

【クレジットカード利用の注意点③】スキミングには注意する

日本でもですが、海外で特に注意する必要があるのが、スキミングです。

ワーホリGO

ワーホリGO
実は、僕もオーストラリアでスキミングに合ったことがあるんだよ泣その時はオーストラリアの銀行のデビットカードだったんだけど

スキミングとは、カード犯罪で多く使われる手口の一つで、磁気ストライプカードに書き込まれている情報を抜き出し、全く同じ情報を持つクローンカードを複製する犯罪である。またカジノ経営において、売上を簿外化することで過少申告する脱税行為をスキミングと呼ぶことがある。
出典:wikipedia

特にシドニーなどの都市で多く発生しているので、充分気を付けましょう。

オーストラリアではスキミングの被害が多く、日本人のワーホリや学生などが被害に会うことも少なくないです。 今回は、実際にワーホリGOの編集者...

【クレジットカード利用の注意点④】海外キャッシングをした場合は繰り上げ返済がお得

現地ATMで、クレジットカードを使って現地通貨を引き出すことができる『海外キャッシング』。

海外キャッシングを利用した場合は『繰り上げ返済』をすることをおすすめします。

通常の返済では、返済期日までに日々の利息が発生しますが、繰り上げ返済をすることで、この利息を払う必要がなくなります

繰り上げ返済をする場合は、オンラインサービスを使うことになるため、渡航前にオンラインサービスが使えるようになっていることを確認しておきましょう

各国のクレジットカード事情・使い方

ワーホリ主要国のクレジットカード事情や使い方を、以下の記事で紹介しています。

【関連記事】

ワーホリ(ワーキングホリデー)に行くことを決めたのなら、必ず準備をしなければならないものがあります。 それが『クレジットカード』です。 ...

 

関連記事

【カナダのクレジットカード事情】手数料や使い方・おすすめカード

【ワーホリ・留学】海外クレジットカード事情【国別】

ドイツのクレジットカード事情・手数料や使い方を解説します

【イギリスクのレジットカード事情】使い方やチップ・キャッシング方法など解説

英語の勉強法まとめ

グアムのクレジットカード事情・チップや手数料、使い方などを解説