【カナダ留学体験談】バンクーバーの生活 〜語学学校・交通・休日〜

こんにちは、私はカナダのウィスラーにワーキングホリデーで行く4年前に、バンクーバーの語学学校に1ヶ月間通っていました

私がバンクーバーに行ったのは大学4回生の時です。大学の生協に置いてあったパンフレットを見て短期留学に行くことを決めました。

色々な選択肢がある中、カナダに行くことにしたのは、ネットなどの評判を見て、人柄が良く人気がある国と知り、良さそうだなと思ったからです。

今回の記事では、私が体験したバンクーバー留学体験談をお話していきます

カナダ入国(バンクーバー空港)

1ヶ月間なので学生ビザも必要なく、観光ビザで入国が可能でした。その当時は※ETA(電子渡航認証)もなく、観光ビザで半年までの滞在が可能でした。

パスポートがあれば問題はありません。入国時の税関での受け答えは、やはり緊張しますが、聞かれることも大体わかっていますので問題なく入国できました

生協のツアーで申し込んでいたので、日本人の学生の方がたくさんいました。バンクーバー空港に迎えの人も来てくれるので安心でした。

※注 現在は、ETA(電子渡航認証)となっており、これは特に申請が必要なものではなく、カナダ到着後に取得します。
また、観光ビザで半年間滞在でき、その半年間語学学校に通うことも可能です。

バンクーバーでのホームステイ

空港からの送迎で、語学学校が斡旋している家にホームステイすることにしました。シェアハウスという選択肢もありましたが、家を探す手間もかかりますし、短期で来ているの方のほとんどはホームステイを選択していました

家はバンクーバー中心部の北側に位置する、ノースバンクーバーという土地にありました。都心部ではなく郊外ですので、学校がある中心部にはバスで4、50分ほどかかりました。

ホームステイをしている人が通学にかかる時間は、1時間ほどの人が多く、少し遠いなと感じました。

家にはカナダ人のオーナー夫婦と、語学留学に来ているスイス人とブラジル人が住んでいました。部屋は1人部屋で朝夕食付きです。朝は食パンが置いてあるだけです笑

住んでいる方々も優しく、とても居心地のいい家でした。

バンクーバーの語学学校




バンクーバーには多くの語学学校があります。私はLSIという語学学校を選びました。選んだ理由は特になく、パンフレットを見てなんとなくといった感じです。

平日(月〜木)に授業があり、午前中が文法の授業で、午後からがコミュニケーションを中心とした授業でした。金曜日の午後はアクティビティといった時間です。

多くの人は1日授業のコースで、午前だけの授業のコースで午後からは自由時間という人も何人かいました。

割合的には日本人とスイス人が多く見られました。日本人は特に学生の方が多いです

英語のレベルごとに毎週クラスも変わります。短期できている方がほとんどなので毎週のように人の入れ替わりがあり、出会いと別れがあります。
毎週誰かしら帰国するので、毎週金曜は簡易的なお別れパーティーがクラスによってはありました。

先生方も面白い方が多く、色々な国の人たちがいるのでとても楽しく授業が受けられました。

しかし、平日の朝9時から夕方4時まで英語の授業で、帰宅後も英語の宿題があったので、日本人と話す機会は多くあっても、英語漬けだなと思いました。1ヶ月で十分だなというのが正直な私の感想です

バンクーバーでの休日の過ごし方

休日は友達とバンクーバー周辺を観光したり、ショッピングしたりと毎週出かけていました。
語学学校が提供しているアクティビティもたくさんありますので、それにも参加して楽しむことができました。

ロッキー山脈

一番楽しかったのが、3泊4日でのロッキー観光です。バスツアーで移動時間は長いですが、ジャスパーやバンフなど有名な土地に訪れたり、氷河やエメラルドグリーンの湖、滝などといったロッキーの大自然に魅了されました。

カナダの大自然を実際に見て感動し、またカナダを訪れたいと思いました
そして、次行くならバンクーバーのような都会ではなく、自然がいっぱいの土地の方が私には合っていると確信しました。

バンクーバー市内

バンクーバー市内は高層ビルが立ち並ぶ大都会です。世界で住みやすい街にも選ばれていますし、生活面で困ることはないでしょう

大型のショッピングモールも幾つかあり、日本で購入するよりは高いですが、日本のお菓子や食品なども多々売られています。

街中には日本人も多く、日本大使館もありますので困った時でも安心です。

スタンレイパークという大きな公園や、海に隣接しているためビーチもありますので、都会の中にも自然があるといった街です。

バスなどで1時間ほど行けば、夏はハイキング、冬はスキー場で賑わう山もあります。

バンクーバーの交通事情

バンクーバーでの公共交通手段はバス、電車、シーバスの3つです。3つ全てが同じ会社が運営しているため、同じチケットで乗ることができます。

距離ごとに1~3ゾーンに値段が分かれています。週末や平日の18時以降は全て1ゾーンの料金でどこまでも移動することができます。

さらに嬉しいのが、チケットを最初に使用してから90分間は乗り放題です。その区間・時間内であれば、何度でも乗り降りすることができます。

【カナダ留学体験談】まとめ

バンクーバーは便利でとても住みやすい街です。カナダの主要都市の1つで空港もありアクセスも良い街です。

自然も近くにあり、人気がある都市であることは間違いありません。
語学学校もたくさんあり、勉強する環境も整っています。

都会ですので、大自然に住みたいという方でなければオススメの街です。
興味がある方は是非訪れてみてくださいね。

関連記事

【カナダワーホリ持ち物】実際に持って行ってよかったもの8選ご紹介

【カナダワーホリ持ち物】渡航の際持って行ったカバンやスーツケース

【カナダワーホリ】バンクーバーの語学学校「ILAC」に通った感想

カナダワーホリから永住権へ。実際に取得した私の体験談をご紹介します

【カナダワーホリ】マッサージの仕事ってどんな感じ?実際に働いていた私が教えます!

カナダで自炊をしよう!おすすめのスーパーや作り置きの方法を紹介!