【カナダワーホリ】実際に持って行った持ち物③夏の服装編

こんにちは弥生です。

今回は、カナダ、トロントの『夏の服装』についてお話しします。

まずは百聞は一見にしかずということで写真をご覧ください!

カナダでの服装


▲こちらが6月前半〜9月前半の服装です。
▼日によってはこういうものや薄手のカーディガンを上に着ていました。

夏の気温について

6月2日にトロントにきたのですが寒くて驚きました。

まさか画像2枚目の左上のコートを6月に着ることになるとは思いもしなかったです。私の体感的には日本の3月くらいかな?と思いました。

外を歩いている人の中にはダウンコートを着ている人もいればTシャツの人、キャミソールの人が混在していてかなり違和感がありました笑。

しかし!!6月の中旬から一気に暑くなって驚きました

ちなみに、中央の写真のパーカーはトロントを本拠地とする野球チーム「トロント・ブルージェイズ」のパーカーです。トロントではブルージェイズのロゴの入ったキャップやTシャツ、パーカーなどを身につけいる人が本当に多いです。

観戦に行った時につい可愛くて購入してしまいました^^

そのパーカーと一番下の段中央のヘソ出しトップスとスキニーをカナダにきてから購入しました。

あと学校は冷房が効いているので、基本的に薄着をしているときは薄手のカーディガンやパーカーなどは必ず持ち歩いたり上から着ていました。

カナダの夏は日本に比べれば涼しいですが、暑いときは体感40度越えの日などもあり普通に暑いです。



足、腕、ヘソ出しなどの露出について

写真を見ると結構露出高めに感じますね笑。

ですが私、日本では基本的に日焼けが嫌で夏でもあまり露出はしていませんでした!
ヘソだしなんて勿論したことなかったですし、ショートパンツ、ノースリーブも全然着ませんでした。

ユニクロのブラトップやノースリーブ、ショートパンツはインナーや部屋着用に持ってきていました笑。

しかし!
街中を歩いている人や語学学校の友達たちのヘソ出し、足腕出し率の高さ!!

せっかくならこっちでしか楽しめないような服装も楽しんじゃおう!!という気持ちになり結果的にこんな感じになりました笑。

運動着について

私はダンスとバレエをトロントでしております!

バレエは昔からやっていたのでバレエシューズなどは持ってきました。

スタジオについてなどはまた別の記事で書かせていただけたらなと思います。

レッスン着・運動着・スニーカーなどはアウトレット的存在の「WINNERS」と「Nordstrom Rack」で安く揃えることができます。

私の主観ですが、WINNERSの方がスニーカー等の靴は安くて良いものがあるなーという印象。Nordstromはナイキやアディダス等のブランドウェアが安いという印象でした

【弥生の持ち物①】

初めまして!トロント留学中の弥生と申します。 現在は学生ビザで語学学校に通っていますが、11月頃にワーホリビザに切り替える予定です。 ...

【こちらもおすすめ】

ワーキングホリデーや留学、旅行などでカナダに行く際にはクレジットカードまたはデビットカードが必ず必要です。 また、カナダのクレジットカード...

関連記事

【カナダワーホリ持ち物】渡航の際持って行ったカバンやスーツケース

【カナダワーホリ】スタバでの仕事・働くためのアドバイスや面接・日本との違いをご紹...

カナダワーホリを始めるのにおすすめの時期は?実際の経験をもとにご紹介

【カナダの病院】トロントで風邪と蕁麻疹に!病院にかかるにはどうすればいい?

【体験談】カナダでスキーのインストラクターをするための資格とは?

カナダワーホリに費用はどれぐらい必要? 実際の費用と比較